仙台大観音胎内めぐり×HDR

今日ははるばる大阪から客人があり、リクエストにお答えして仙台大観音を再訪した。
前回は夕方に偶然遭遇したので、観音様の胎内には入れなかったから、もう一度営業時間…もとい参拝時間に行ってみたかったのだ。

入場料…もとい守護札代は500円。
2階からエレベーターで12階へ昇ると、

c0180505_39681.jpg

ここは、秀吉の茶室かと。

そこを抜けると胎内を下っていく螺旋階段が待っている。
中央にエレベーターの入った柱があり、各階にある百八体の仏を拝んでいくと、煩悩を一つ一つ打ち払っていけるという、ありがたい胎内巡りになっている。

しかし、ここの見所は、なんといっても階段と各フロアを縁どる電飾が描く螺旋模様。
手すりから乗り出さないとうまいアングルで撮れないので、高所恐怖症ながら、ファインダーをのぞきつつ身を乗り出す。
c0180505_1262645.jpg

普通に三脚を使うと、手すりをこえて撮れないので、2脚状態にして、手すりを支えに5枚ブラケット撮影。
かなり不安定な状態なので、手で押さえつつしか撮れない。
しかも、かなり暗いので1/2秒前後のスローシャッター。
5枚ブラケットだと、微妙なズレを抑えるが大変だった…。
c0180505_1265026.jpg



薄暗い胎内を出ると、青空と太陽、そしてハレーションを起こしそうに真っ白な巨大観音に目がくらんでしまったのか、観音様を撮った後に、約1.5mの高さからカメラを落としてしまい、右下部を大きく破損…。
なんだか、中身が見えるほどの穴が開いてしまったが、カメラの機能自体はしっかり生きていた。
破損部も、帰ってからあれこれ補修したら取り敢えず格好はついた(気がする)。
致命的な破損にならなかったのも、観音様のご利益に違いない(事にしておく)。
c0180505_3405333.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-03-30 03:48 | 珍景、B級スポット、B級グルメ  

<< 三八上北~下北半島の旅(4) ... 三八上北~下北半島の旅(3) ... >>