会津ツーリング(1)磐梯吾妻スカイライン

こんなにオートバイに乗らなかった事は、信号無視して右折で突っ込んできたおばちゃんと衝突してオートバイが大破・体が小破したとき以来だ。
いつもは真冬だろうが、ツーリングに出かけていたが、さすがに東北の冬は厳しい。
みちのくに吹く風も、すっかり温んできたので、久しぶりにオートバイで会津を旅してきた。

東北、なかでも会津は、東京・横浜に住んでいた頃から何度となく旅してきた土地。
その頃は日光あたりから会津西街道を北上するか、那須・塩原から会津西街道に入って北上というのが定番ルートだった。
今回は、せっかく北から向かうので、通行量が高くて(2輪で1150円)今まで走った事の無かった磐梯吾妻スカイラインを通って会津・裏磐梯に入る事にした。

麓は20度近い陽気だというのに、快調にスカイラインを駆け上がっていくと、バンソンの分厚い革をも透して、冷気が全身に伝わってくる。

このスカイラインのハイライトは、火山性のガスが立ちこめ、草木も生えない浄土平の風景だろう。
このエリアの1km程の区間は、停車する事を禁じられている。
オートバイで走り抜けると、強烈な硫黄臭がヘルメットのシールド越しに鼻を突いてくる。
残雪が黄ばんでいるのも硫黄のせいだ。

停車できないからというわけでもないが、久しぶりの走行写真。
このアングルの写真は、もう撮り飽きていたが、RAW1枚からのHDRとはいえ、なかなか新鮮なイメージになった。
c0180505_3562071.jpg

さらに進むと、雪の回廊に。
c0180505_3572360.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-20 04:02 | ツーリング 写真  

<< 会津ツーリング(2)横向温泉ロッジ 久しぶりにレンズ沼を見る【SM... >>