北東北ツーリング(3)下北半島 仏ケ浦【3】

c0180505_11391621.jpg

海峡ライン沿いの展望スポットから望む仏ケ浦。
浜辺にいる時はピーカンだと思ったが、遠景は春霞がかかって見通しが悪かった。
クリアな時は対岸の津軽半島や北海道の函館方面まで見えるそうだ。

HDR合成をするには、ピーカンの青空だとノイズ処理が大変なので、コレぐらいの空や曇り空の方が良かったりする。
前回、前々回の逆光の青空は、その辺りの処理が大変だった…。
だったら、しなけりゃ良いのに、という話でもありますが、逆光下での陰の部分の岩肌と青空を両立させたい訳で…。

ノイズとともに、小さくつり込むダストも厄介だ…。
太陽を入れ込むと、絞り込むしかなく、極小ダスト一つ一つの影が、青空に沢山浮かんでくる。
海辺で塩気と湿気を含んだダストは、PENTAXのなんちゃってゴミ取り機能では、全く落ちてくれない…。
K-7は、オリンパスのような超音波方式になったようなので、期待の機能の一つだ。

K-7の新機能と言えば、HDR合成もその一つなわけだけど、サンプル画像や、出張ついでに新宿のペンタックスフォーラムでβ機を触ってみた感想では、きれいめなHDRI=見た目にの印象に近いイメージを作るには良いかもしれない。
こってりいきたい人は、Topaz Adjustあたりで、追加加工すると良い感じになるかも。
HDRモードを選ぶと、合成用に自動的に撮影された3枚の元画像は、合成後に消えてしまう。
PC合成用に残しておいてほしい所だが、それは別途ブラケットで撮ってくれという事らしい。
ブラケット設定専用のボタンが無くなって、使い勝手がどうなったか心配だったが、セルフタイマーマークの着いたボタンが、ドライブモード選択ボタンになっていて、このボタン一押し〜ブラケットモードの選択〜前後ダイヤル操作で露出幅やshot数も簡単に選択できた。
その辺りの使い勝手の良さへの配慮は、抜かりないようで安心した。

HDR合成は細かいパラメーター調整等は無いが、「標準」と「誇張」を選べる。
「標準」
c0180505_2581821.jpg

「誇張」
c0180505_259211.jpg

ぐらいの変わり方をしてくれると面白いけど、多分上の写真で「誇張」設定ぐらいかなあ。
なんにせよ、月末の発売日が楽しみだ。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-06-09 03:14 | ツーリング 写真  

<< 北東北ツーリング(4)下北半島... 北東北ツーリング(3)下北半島... >>