PENTAX K-7 極私的インプレッション_01【HDR合成機能_02】

c0180505_2314777.jpg

なんだか、ネット上では相変わらず、等倍でみた高感度画像なんかで、一喜一憂してる人も多い訳ですが、銀塩からデジカメが主流になり、新製品が出るたびに飽きもせずに繰り返されてきたこの等倍鑑賞なる慣習…もういいんじゃない?と思ってしまいます。
写真の一部を拡大して見て、何が楽しいのか分かりません。
全体を見る、見せる画像の大きさなんて、普通の人なら大きくても1920×1280pixelか、出力ならA3ノビまででしょう。

そんなわけで、感度別にカラーチャートや、室内で静物撮りして比べたりは他の人や雑誌にお任せして、あくまで実用域でのインプレッションになります。
高感度域の画質等は、そのうち夜間のスナップとかで使ったらUPします。

とはいえ、ISO800ぐらいまで使った感じでは、K20Dに対して大きく画質が向上している感じはなく、若干色ノイズの出方が控えめになったかな…という程度です。
後処理でノイズリダクションをかけると、いい感じにノイズレスでツルッとした画像にも仕上げられるでしょう。
PENTAX機の画像の特色として、ノイズというか、粒状感というか、解像感重視でその辺りを残したと思われる画質は、K-7でも変わってはいません。
高感度画像を等倍で細かく見て色々気になるような人は、NIKONのD700やD300あたりを買った方が幸せになれるでしょう
余裕があったら、自分も欲しい機種です。

銀塩の高感度フィルムや、デジカメを使い始めた14年前(25万画素のQV-10)を思うと、K10D辺りの画質や画素数で十分満足しているので、K-7の各種新機能等は、コレからのカメラの進化の方向性としては良いのではと思います。



で、ティルトアダプターを使ってミニチュア的ムービーを撮ってみたい!ついでにミニチュアフィルターと逆ティルト撮影画像を比べてみたい!と思い立ち、140kmほど南のいわき市小名浜のマリンタワーを目指し、快調にカワサキ W650のアクセルを開けていた所、以前車で走った時には気づかなかった「百尺観音参道」という看板が目に入ってしまった…。
今にもエンジンが止まりそうな25年モノの2ストジムニーは、ロングドライブだとかなり気を使うから、見逃していたんだろう。

マリンタワーへは、まだ道半ばの福島県相馬市。
そういえば昼飯を食ってなかったと、その看板から少し先の道の駅で青のりラーメンとほっき飯を喰って、さて南に向かうかと思いつつ、気づけば携帯で「相馬 百尺観音」と検索…。
だって「百尺」の「観音」ですよ。
これは、捨て置けません。

検索結果に、まんまと「珍寺大道場」さんがHIT。
その道では(どの道だ…)有名なこのサイトに出てるという事は…
コレは行ってみねば!と、Uターン。

三代に渡って、個人で掘り続けられてきた未完の観音像。
磨崖仏は大分の国東や三浦半島なんかで色々みたけど、ここまで彫り込んだものは珍しい。
未完で上半身だけという姿に、石川県小松市のハニベ巌窟院を思い出したりした。

なんにせよ、これはHDR向きな被写体だ!と、喜び勇んでK-7のHDR機能と5枚ブラケットを繰り返していたら、マリンタワーの最終入場時間には到底間に合わない時間に…。

まずは、
1.露出補正無しで、普通にjpeg撮りした画像
c0180505_3531746.jpg

2.K-7のHDR合成…「普通」設定で撮影〜合成した画像
c0180505_3543713.jpg

3.K-7のHDR合成…「誇張」設定で撮影〜合成した画像
c0180505_355766.jpg

4.2.0EV幅で5枚ブラケット撮影〜photomatixで程々にHDR合成した画像
c0180505_442171.jpg

5.「誇張」で合成した3の画像にK-7のデジタルフィルター「HDR:弱」をかけた画像
c0180505_358667.jpg

6.「誇張」で合成した3の画像にK-7のデジタルフィルター「HDR:中」をかけた画像
c0180505_411937.jpg

7.「誇張」で合成した3の画像にK-7のデジタルフィルター「HDR:強」をかけた画像
c0180505_422196.jpg

こうやって比べてみると、やっぱりK-7のHDR合成は、明暗の飛びと潰れを無くすという、基本に忠実な仕事をしてくれている。
さらにHDRフィルターも、大きくのイズがのる事も無く、カメラ内でこれだけ出来れば、おまけ的機能としては上出来だ。
他のフィルターとも掛け合わせられるし、PCでの処理が苦手な人も、気軽に使えて楽しい機能だと思う。

ちなみに、一番上の画像は、5枚ブラケット〜photomatixで合成した4の画像にTopaz Adjustやphotoshopの各種機能でレタッチした画像。
カメラ内である程度仕上げて、最後にPCで仕上げというのも、結構使えるかもしれない。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-06-29 08:57 | カメラ  

<< PENTAX K-7 極私的イ... PENTAX K-7 極私的イ... >>