みちのくの風景に感謝。

c0180505_111413.jpg

「撮れ録れフォトコンテスト」というコンテストに応募していたのですが、佳作を頂いていたようです。
それにしても、よりによって作品説明に2カ所も誤字を書いてしまった作品が選ばれてしまうとは…。

今回で第5回だそうで、毎回なんだか最優秀賞の商品が豪華で、しかも前回のテーマが、いつまでも残したい「旅」。
これは、応募したかった…。
第5回にして気付いたことに後悔しつつも、今回のテーマの一つが、いつまでも残したい「道」!
オートバイに乗るようになって十数年。
ずっとカメラとともに旅をしてきて、写真の大半は道を被写体としている以上、コレは応募せねば!!
ということで、過去のポジやネガまで見返して色々候補を絞ったものの、フィルムスキャナーを押し入れの中から引っ張り出して繋ぐのが面倒くさく、過去のデジカメ写真と新作で挑む事に。

しかし、改めて見直してみると、過去の写真で気に入っているものは、すでに何かしらのコンテストに出ていたり、諸々に使っていて、未発表というとなかなか難しい…。
せっかくお気に入りの道が沢山ある東北に来ているという事で、3〜4月は足しげく旅に出かけていました。

賞をいただいた上の写真は、SIGMA DP1で3枚ブラケット撮影〜あっさり目のHDR処理したもの。
HDR写真コンテストで頂いたDP1で、今度は5DMKⅡを頂いて、次はD3…なんてコンテストわらしべ長者を夢見たものの、そんなに甘くはない訳で…。
とはいえ、審査員の方が、写真を撮るにあたって意図した部分を読み取って評価してくれたのはやっぱり嬉しい。

撮影場所は、岩手県葛巻町の山中にある牧草地帯。
細い林道をズンズン走っていくと、鬱蒼とした森の木々が突然消え、360度の視界が開け、ヘルメットの中で思わず一人でニヤニヤと笑ってしまう。
そんな気持ちの良い道と風景です。
もちろん観光ガイド等にはいっさい出ていないので、道も景色も独り占め。

ここで撮った写真は、4〜5年程前にもツーリング雑誌『アウトライダー』のツーリング写真コンテストで年間グランプリを頂いたり、某社の某広告に使って頂いたりと、個人的には鉄板のロケーション。
・CONTAX aria+carl zeiss distagon 25mm f2.8+Fuji velvia 50にて撮影。
c0180505_1414123.jpg


今回も、撮りたい場所と写真は決まっていたので、旅のスケジュールを当日に変えつつ、夕暮れ時を狙い撃ち。
オートバイの旅好きの聖地と言えば北海道で、確かに北海道はオートバイで旅するには最高の土地だけど、岩手をはじめとしたみちのくの地は、ある意味北海道以上に旅心をくすぐる土地だと思うのです。

そんな訳で、4枚の応募作の内、3枚が東北の写真に。
「道」部門の読者投票でTOPになっていたのがこの写真。
c0180505_2407.jpg

K10Dで撮ったRAW画像1枚からHDRiに。
撮影場所は会津の大内宿。
ここも山深い地ながら、結構有名な観光地でもあるので、観光客の少ない雪の季節に訪れるのが好きだ。
ただ、この写真を撮った帰りの山道で、25年ものの2ストジムニーのアクセルワイヤーが切れ、零下2〜3度の中、ボンネットとドアを開け、ワイヤーを繋ぎ直すハメに…。

あとは、下北半島の尻屋崎で撮ったこの写真。
K20D+ティルトアダプターで5枚ブラケット撮影〜HDRiに。
ここも、観光客の車が少ない時間を狙って、岬に至る道のゲートが動く(寒立馬を放牧しているため)朝7時に、GWなのに気温5〜6度の寒さの中を駆けていった。
c0180505_2181472.jpg


もう一枚は、北海道の宗谷岬の南に広がる宗谷丘陵の白い道。
この一枚のみ、一次審査落ちでした…。
この道は帆立の貝殻が敷きつめられていて、牧草の緑の絨毯を緩やかな白い曲線が丘の向こうに伸びてくという、まさに絵に描いたような景色。
これも5年程前の写真で、RICOHのCaplio GXで撮った写真。
ずっと首から提げっぱなしで走っていたためか、この写真を撮った後しばらくして、液晶画面に嫌な筋が入り、ブラックアウト…。
c0180505_2251777.jpg

こうやって色々思い返していたら、通算5台ものカメラを旅の途中で壊している事に、改めて気付いてしまった…。
やはり、DP1の次の、2匹目のドジョウを狙わねば…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-07-06 02:51 | ツーリング 写真 | Comments(18)  

Commented at 2009-07-06 08:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hawk at 2009-07-06 09:16 x
入選、おめでとうございます。
こんな写真見せられると、バイクの虫が疼き出しちゃうじゃないですか。(笑)
 ところで、PENTAX純正リモコンは、屋外では数mしか届きませんが、「TWIN1 R3-UT」は20mくらいは平気でいけますから、バイクや自分を入れて撮るのにはなかなか重宝しますよ。
ttp://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/40712.html
Commented by shockatz at 2009-07-06 12:20 x
またまた入選おめでとうございます。
やっぱりね、HDRであるか否かという前に、写真として良いかどうなのかが問われるのですね。。自分も以前はフォトコンに色々出してましたが、HDR撮るようになってから動機が「不純」になってきて、展示でみんなをビックリさせてやろうとか、ギミック狙いになってます。
hiroさんの写真はそういう意味で、思い切り「間」とか「空間」を、さらにHDRで叙情的に描いているところが素晴らしいです。
入賞作は何か泣けてきますぜ。朽ちたバス+夕陽+後ろ姿が渋い。
Commented by chocoart at 2009-07-06 18:18
こんにちは(^^)
入選おめでとうございます☆
どの道も素晴らしいショット☆
一次審査落ちのショットも私から見たら
とても素敵な道で、行ってみたいって思いました(^^)
道ってあまり撮ったことがないのですが
私もどこか旅行へ行ったら、こんな風に思い出を
撮ってみたいな~っと思います(^o^)
Commented by hiro_sj30 at 2009-07-07 02:51
>ketunoriさん
ありがとうございます。
読者と審査員の支店の違い、確かに興味深かったですね。
何にせよ、多くの人の目に触れて、選んでもらったり、評してもらうというのはためになりますね。
ご質問の件は、強ち間違いではないのですが…
何かそう思わせる写真とかありました?
Commented by hiro_sj30 at 2009-07-07 02:56
>hawkさん
ありがとうございます。
もともとオートバイでの旅先で写真を撮るようになったのは、街乗りしかしていない友人をツーリングに連れ出す為だったので、虫が疼いてもらうのは嬉しいですね!
ご紹介のリモコン、良いですね。
離れた場所で自分を映し込む際は、ダッシュしたり、バイクで急発信急停車をしたりするので、このリモコンは役立ちそうです。
Commented by hiro_sj30 at 2009-07-07 03:06
>shockatzさん
過分なお言葉、ありがとうございます。
もともと、朝日や夕日の逆光下で撮影する事が多く、なんとか自分の目で見た印象に近い写真を撮りたいと、長年苦心してきたので、HDRはその悩みを解決する方法の一つとして、とても画期的な手法でした。
とはいえ私も、以前UPした会津のさざえ堂内の写真のように、始めからゴリゴリのHDRiに仕上げて、見た人が驚くような写真にするぞ、というような機会も増えてきました。
写真撮影や表現方法で「正統」や「邪道」なんて無いですよね。
Commented by hiro_sj30 at 2009-07-07 03:10
> chocoartさん
ありがとうございます。
行ってみたい、と思ってもらえたのは嬉しいです。
旅先での写真は、見た人にそう思ってもらえるような写真を撮りたいと思っています。
Commented by 時人 at 2009-07-07 10:02 x
入選おめでとうございます。ほんと味がある写真ですね。さすがバイクが大好きであちこち旅されていて、その気持ちがぐっと伝わってきますね。その時の想いが一枚の中にいっぱいこめられていて本当にすごいなって思います。

旅ってほんとうにいいなあって思わせてくれる一枚でした!
Commented by kawanori-photo at 2009-07-07 20:37
すばらしい、すばらし過ぎます(^^
一枚目はじーんとくるものがあります。
最後の写真は旅に出る衝動を駆り立てられます。
Commented by fujyn234 at 2009-07-08 00:34
入選おめでとうございます。
HDRi繋がりでこちらを覗かせて頂くようになりましたが、毎度々々、写真や文章から旅情が溢れてくるようで感心しきりです。今回の作品はその極みという感じさえします。
ただただ漫然と撮っている自分が少々恥ずかしくなりました(^^;ぜひあやかりたいものです。
Commented by out-drive at 2009-07-08 01:06
おお、おめでとうございます♪
このコンテストは賞品がすごいですねぇ、ちょっとノーマークでした。
「アウトライダー」のツーリング写真コンテストで年間グランプリ
というのも凄いなぁ。自分も一時期、アウトライダーは読んでいた覚えがあります。
Commented by hiro_sj30 at 2009-07-08 02:17
>時人さん
ありがとうございます。
旅先で写真を撮り続けてきて思うのは、その時の自分の感動を写真で伝えるのは難しいなあという事です。
今までも胃老いろ苦心してきたのですが、HDRiにすることで、自分の理想とする表現に少し近づける気がしてるんですよね。
Commented by hiro_sj30 at 2009-07-08 02:25
> kawanori-photoさん
これまた、過分なお言葉ありがとうございます。
上にも書きましたが、思わず旅に出たくなるような写真を撮りたいと思ってきたので、そういって頂けるととても嬉しいです。
Commented by hiro_sj30 at 2009-07-08 02:25
>fujyn234さん
ありがとうございます。
私は、どうも最近旅先での写真に演出を入れすぎてしまうので、どうも自分の中で新鮮味がなくなって来ています…。
Commented by hiro_sj30 at 2009-07-08 02:34
>out-driveさん
ホント、このコンテスト、最優秀賞の商品がやたらと豪華なんですよね。
「旅」がテーマの前回の優秀賞に、いい感じのHDR写真が入賞してるなあと思っていたら、nonbeさんでした。
今回の第一次審査通過作品の中にも、結構HDRiが入ってましたよ。
「アウトライダー」はバイク歴と同じぐらい読んでたんですが、一度休刊後に復刊した後は、よくコンテストに出してました。
でも、すっかり常連扱いで、「●●さんにしては、構図が甘い…」といった厳しいご指摘を選者の方からよく頂きます…。
今回の入賞作は、そんなカメラマンの私的を思い出して構図を練った写真だったので、やっぱり人に見せて指摘してもらうのは大事だなあと実感しました。
Commented by nonbe at 2009-07-09 05:39 x
おめでと〜。
なにげに受賞作品見てて、これは!?と思ったらやっぱりhiroさんでした。
近景のブツの配置と遠近感がええですね。
それにHDRがドラマを彩ってます。
すばらしいです。
ただ、惜しむらくは地平線が真ん中っぽいのでおとなしすぎる感があります。

撮れ録れコンはメジャーになってきましたね。
ネット時代ゆえの応募の手軽さが魅力です。

ちなみに、オレ1回目もあと一歩のとこでした。
自称撮れ録れコンのシルバーコレクターです。(笑)
Commented by hiro_sj30 at 2009-07-10 01:05
>nonbeさん
ありがとうございます。
第一回も優秀賞受賞されてたんですね!
しかし、最優秀賞の商品が良すぎるだけに、かえって悔しいかもしれませんね〜。

的確なご指摘もありがとうございます。
確かに、地面の占める割合をもう少し増やしたかったんですよね。
電柱をフルに入れるかどうかで悩みました。

<< K-7での初工場撮りは、日本製... PENTAX K-7 極私的イ... >>