ホッピーと新サンマ

c0180505_030664.jpg

やっぱりホッピーにはキンミヤ焼酎ですな。
新サンマ刺しが美味しかったので、二杯目は宮城の地酒。
銘柄は忘れました。
カウンターと一つのテーブル、ほぼ立ち飲みで一坪程の狭いお店は、
カウンターまで在庫でいっぱい。
ホッピーとキンミヤの一升瓶がズラッと並んだ姿に、思わずバッグからカメラを出した。

暗めの店内だったので、1RAWからのHDR。
やっぱり食べ物の表現は難しい。

このお店、ほんとはファンキーチキンという店名で、鶏がメイン。
青森のシャモロックの焼き鳥がメインで、手羽の一本焼きとかたまりません。
他にも宮城の森林鶏、岩手の奥州いわいどりと、東北の美味しい鶏が味わえます。
店主の兄さんが下町酒場好きで、各種メニューの開発も熱心なんで、行くたびにメニューが変わってたりします。
7〜8席、道端に椅子とテーブルを出してもその倍ぐらいと、キャパは小さいとはいえ、兄さん一人だけでお店を回していて、仕込みも焼きもこだわってるんで、気持ちをゆったり構えて飲むといい感じです。

この、森林鶏のせせりガッツリ焼きも、この量で500円ぐらいとリーズナブル。
c0180505_0533229.jpg


仙台はもうすぐ仙台七夕。
という事を、横丁の控えめな七夕飾りが教えてくれた。
c0180505_0564151.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-07-26 00:58 | 飲み・食い  

<< 冬の大倉ダムと定義如来門前の三角揚げ 原発銀座 >>