「ほっ」と。キャンペーン

リバーサイド・ライフ

c0180505_2211467.jpg

c0180505_222626.jpg

c0180505_2223610.jpg

今月20日発売のデジタルカメラマガジン9月号のフォトコンテスト組写真の部で優秀賞を頂きました。

ココのフォトコンは、GANREFという写真のSNS的サイトから簡単に応募できるというので、登録してこの号から応募をはじめてみました。

選者の方の選評が個別の写真ページに載ってるんですが、上の組み写真のリンクから個別の写真には飛べない仕組みに…。
実際にページに飛ぼうとすると、自分でも写真一覧の複数ページからイチイチ探さないと駄目だったり、このサイト、βバージョンとはいえ色々使い勝手がよろしくないんですよね。
個別の写真ページにはブログの写真より大きい画像をUPしています。
1枚目2枚目3枚目

写真は、昨年大阪にいた頃に、淀川の河川敷在住の方の手作りテラスにて、目の前で釣れた天然ウナギやクロダイのような魚の刺身をごちそうになった時に撮影したもの。
c0180505_14291190.jpg

c0180505_1429234.jpg

36度になろうかという猛暑の中でも、川岸のテラスの中は涼しい風が吹き抜け、驚く程の快適さ。
放し飼いで良い色艶の鶏と、元気に飛び跳ねる犬達。
昼間から飲むビールに、腹の黄色い天然ウナギの蒲焼き。
淀川の向こう岸には梅田のビル群と入道雲。
お隣のおじさん宅には、なぜかタイ出身の女性が2〜3人。
向こうの音楽を大音量でかけながらホットパンツのお尻をくねらせてダンスダンスダンス。
そのうちザルを持ち出して、淀川の天然シジミを採りだしたかと思いきや、そのままス〜イスイと平泳ぎ。
c0180505_1441331.jpg

c0180505_14411621.jpg

ああ、やっぱり大阪は、日本の大阪というよりも、アジアの大阪だなあ…。
なんて思いながらビールを流し込んでいた時の気持ちを撮った写真です。

さらにこの時、東京や各地から昆虫食好きな方々が「大阪のクマゼミを食べる会」的な集まりを開いていて、補食時の夕方を待つべく、ココで虫をつまみに飲んでたりで、よりアジア色が強い空間に…。

本も出版されている昆虫食の権威の方もいらっしゃったりで、持ち寄られた乾きもの(香ばしい味と食感の蚕とか)、テントに作られた蜂の巣から採取した生きのいい蜂の子とか…。
蚕は微妙な臭さが残ってましたが、韓国土産の蚕の佃煮缶詰よりは美味しかったかも。
蜂の子は言わずもがなで、美味しゅうございました。
c0180505_14314745.jpg

c0180505_1432064.jpg

クマゼミの会に集っていた、東京勤務時代の後輩曰く、「クマゼミは昆虫の中では最高に美味しいし、昆虫に限らなくても美味しい食材!」とのことで、新鮮な食材を求め地下鉄御堂筋線で長居公園へ…

大阪は、新世界なんかはもちろんの事、その南の飛田〜西成(カメラを出すのはデンジャラス地帯)、大正区の古い工場密集地帯や沖縄タウン、鶴橋の商店街や市場、舞洲の清掃工場、堺・泉北のコンビナート、他にもふつうにその辺の街角でも、被写体には事欠かない街だけど、9ヶ月の大阪滞在中に一番写真を撮ったのは淀川周辺でした。

なかなか観光のついでに寄れる場所ではなかったり、気軽に撮れない被写体も多いですが、一日ぐらい余裕があれば、地下鉄や自転車を借りたりしてウロウロすると、何かしら新しい発見があって楽しいですよ〜。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-08-30 14:44  

<< 夏色ガスタンク 象潟や >>