うねり

c0180505_132092.jpg

引き続き水島コンビナートのプラント群の夜景。

無機質なのに有機的。
間近で眺めていると、美しさに見とれつつも、畏怖の念もこみ上げてくる。

もちろん、肉眼ではここまではっきり見える訳じゃない。
じーっと見続けているとジワジワ細部が見えてくるように、HDR〜各種レタッチ作業は、だんだんディテールが現れてるのが面白い。
もしかしたら、成果物より、その作業の方が好きなのかもしれない。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-10-04 01:33 | Comments(2)  

Commented by shockatz at 2009-10-05 23:40 x
もうこれは。。口をアングリ空けて見させてもらっています。
工場写真に詳しい人たちでも、水島や坂出コンビナートの撮影ポイントはあまり知られていないようですね(少なくとも京葉や四日市ほどには)。
土地勘と技術、そして根性と愛ですな。
水島もHDRも最高です。
Commented by hiro_sj30 at 2009-10-07 02:32
>shockatzさん
ありがとうございます。
確かに水島の写真は、川崎、四日市に比べるとバリエーションが少ないかもしれません。
鷲羽山スカイラインからの眺めが素晴らしいので、殆どはそこからの撮影写真ですね。
関西、東海、関東から撮影に行くという人も結構いますが、どうしても半日か、良くて1泊程度になるので、なかなか細かい所は探索できないんでしょうね。
たまに相談を受けるので、色々なスポットを教えたりもするのですが、車ではアクセスし辛かったり、墓地や神社裏だったりと、女性一人ではやめた方が良いと思いますよ…、なんて所が多いんですよね…。

<< 暮れなずむコンビナート 鋼と油 >>