下津井残影

c0180505_2313028.jpg

地元に帰ると、水島にばかり行っている訳ではなく、ついつい一緒に下津井〜鷲羽山も訪れてしまう。

香川と塩飽本島にいた祖父母の家へ向かう際、四国に渡るだけなら、宇野〜高松、琴浦〜坂出、水島〜丸亀という航路もあったのだが、本島へ渡るには下津井から出ていた関西急行フェリーに乗るしか無かった。
本島まで約30分、丸亀まではさらに約30分。
乗船時間より下津井での待ち時間の方が長くなる事もあり、港の周辺をよくウロウロしていた。
c0180505_2337503.jpg

今ではほぼ漁港としての役割しか無くなっているが、かつては潮待ち、風待ちの港として、金比羅詣の参拝客や北前船の船員等で賑わった港町だ。
昔日の賑わいは無いものの、なまこ壁や格子窓の古い建物や、夕方に打ち水された綺麗な通りを見ながら歩いていると、そこかしこにかつての面影を感じられる。
c0180505_23364118.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-11-16 23:39 | スナップ 写真  

<< 下津井残影_02 瀬戸は日暮れて(水島コンビナー... >>