ベトナム旅行写真_05 【ファンティエットの市場】

旅の後半は、ホーチミンからやたらとのんびりした列車に3時間程揺られ、ファンティエットという港町へ。
最近はベトナムの新興ビーチリゾート地として知られてきたようだが、もともとは漁業とニョクマム作りが盛んな港町。
c0180505_0472236.jpg

ホテルのあるビーチへ向かう前に、まずは市内の市場へ。
さすがに新鮮な魚介の種類が豊富で、ホーチミンの市場とは臭いも違っていた。
c0180505_0404716.jpg

ニョクマムになりかけのモノなのか、そこかしこに塩漬けの魚があり、強力なドリアンなんかの香りも押し寄せてきて、独特の臭気が満ちている。
c0180505_0524053.jpg

フルーツ、卵、肉…となる前の家鴨。
c0180505_0561370.jpg

もちろん鶏も。
やはりパックの精肉より、食べ物のありがたみを感じられる。
c0180505_0592045.jpg

ここまでされるとさすがに己の運命を悟るのか、羽をばたつかせる事も無く、大人しく並ぶ鶏たち。
c0180505_113478.jpg

写真は全て1shot jpeg〜Topaz Adjust~photoshopでの仕上げです。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-01-20 01:02 | スナップ 写真 | Comments(4)  

Commented by shockatz at 2010-01-20 16:15 x
ううう、こ、これは。。
鶏の足を引っ括って道端に並べるというのは、さすが香港のような都会にはない風景です。
汚ったない露地で、アヒルがガーガー、ニワトリコケコッコーですと。。負けます、これは。
絶対行きたくなりました。
Commented by hawk at 2010-01-21 12:47 x
ひょっとしてこの鶏や鴨たちっていうのは、このまま買われていった先で処理されて食べられるのであれば、これ以上の新鮮な食材はありませんね。売り手はエサは必要だとしても、保存するのに冷蔵庫はいらないし、一石二鳥か。
ついでに子供たちの食育にもなりますが、母ちゃんたち逞しいなぁ。
Commented by hiro_sj30 at 2010-01-24 01:02
>shockatzさん
ベトナムでも、さすがにホーチミンとかだとなかなか見られない光景です。
ホーチミンも楽しい街なんですが、地方都市へ行くと観光客も少なくて、さらに楽しいですね。
素晴らしい被写体が多すぎて困ってしまいます。
Commented by hiro_sj30 at 2010-01-24 01:09
>hawkさん
どうやら、各家庭でシメるようですね〜。
野生の鴨なんかは、軒先に吊るして目から蛆が出るぐらいが美味しいなんてききますが、切り身だとそんな熟成も出来ないでしょうね。
モツなんかはシメたては美味しいでしょうね〜。
この形から肉にして食べると、命を頂くことの有難みがよく分かります。

<< 工場HDR写真ブログはじめました。 ベトナム旅行写真_04 【ホー... >>