「ほっ」と。キャンペーン

6EV幅のブラケット撮影 vs DR800%

2月から西新宿で働き始めたので、新しい環境ということもあり、毎日何かしら撮りながら帰っています。

K-7でも充分小さかったけど、K-x+パンケーキの21mmを付けると、無理すればコートのポケットに入るぐらいの大きさで、高感度に強い事もあって、夜のスナップが楽しいです。

仕事帰りだというのに、首からK-x、ポケットにF200EXRという二刀流。
F200EXRも、コンデジとしては高感度に強く、DR800%で撮れば、驚くほど黒ツブレも無く写してくれます。
ということで、同じ場所で撮ったK-xとF200EXRの写真を仕上げてみました。

K-xは、ISO800で、-3、0、+3の手持ちのAEBからphotomatix~photoshop&Topaz
c0180505_23342661.jpg

F200EXRはISO200で、DR800%で撮影〜photoshop&Topaz
c0180505_23344779.jpg

このサイズなら、大きな差は無いかな…。
むしろ、絞り開放でもボケの少ないコンデジの方が、細部強調をした際にすっきりと仕上がる気もする。
ただ、大きなサイズで等倍で見たりすると、やはりF200EXR細部描写は甘くなる…というか塗り絵状態に。
とはいえ、コンデジとしてはかなり検討しているので、このセンサーでAPS-C、もしくは4/3サイズだったりしたら…なんてことを考えてしまう。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-02-09 01:15  

<< 横丁の街、八戸。 ニッポンの浜辺 >>