三浦半島の戦跡廃墟

すぐに人に影響されるんですよね。
他所のブログで廃墟HDRを見ていたら(アチラコチラで)、久しぶりに弄りたくなりました。

4〜5年前にPENTAX istDLで撮った戦跡廃墟。
曲線と直線の組み合わせに惹かれます。
c0180505_3111163.jpg

帝都東京の防衛線となっていた三浦半島。
半島の各地に高射砲台や海岸砲台跡、トーチカや特攻兵器の基地跡等の戦跡がたくさん残っています。
数年前までは、海岸の砂浜から、ひっくり返った旧軍の戦車が顔を出したりもしてました。

コレは確か観測所跡で、内部から外を眺めると東京湾から房総半島までが一望。
某所の某敷地内ですが、敷地内の野球場の近くにあるので、試合とかが行われているときは門が空いていて、お咎めも無く入れたりします。
周辺の野山をウロウロしていると、気付いたら辿りついたりもするのですが…。
近所の人と話してみたら、普通に犬の散歩で歩いたりしてるそうですが…。
まあ、気軽に入るのはやめた方がいいと思います。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-03-31 03:35 | 廃墟・廃線・戦跡・近代化遺産  

<< これも実寸大? 新宿の巨大ゴジラ像 砲列 >>