高感度ブラケット〜HDRの可能性

c0180505_1744521.jpg

有楽町のガード下にて。

前回、photomatix Pro4.0で動体ゴースト除去が優秀になったお陰で、カメラのドライブモードのデフォルトが、RAWでブラケット5shotになったと書きましたが、もちろん、カメラの進化のお陰も大きいです。

PENTAX K-5だと、拡張感度でISO80〜51200まで使えるわけですが、普通の写真をRAWからの現像なら、個人的にはISO12800ぐらいまでは使えると感じました。
25600だと、解像感がグッと落ちてくるものの、WEBで使う分には使えます。
51200は、さすがに、色調も変わってきて、ノイズもしっかり乗ってくるので、非常用といった感じです。
ただ、色ノイズは少ないので、意外と見れる写真になってます。

そんな訳で、ISO AUTOで80〜12800あたりにしておくと、ガード下や夜の街中でも、躊躇なくブラケット5shotが出来ます。
だだ、それだと、5枚の写真それぞれが違った感度になるので、どれぐらいまでの感度で行けるのか、前ダイヤルを感度切替に当てはめて、感度を変えながら、絞り優先orシャッタースピード優先で試しています。

今回の写真は、どちらもISO4000でRAWのブラケット5shot〜photomatix pro 4.0でHDRに。

c0180505_17412417.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2010-11-27 17:31 | スナップ 写真  

<< 高感度ブラケット〜HDRスナッ... ブラケット5shotデフォ >>