入間のドルフィン

c0180505_059581.jpg

川崎重工業製の純国産、T-4中等練習機。
丸みを帯びたデザインから、愛称は「ドルフィン」だそうです。

車輪の数は違えど、同じカワサキ乗り。
勝手に親近感を感じつつ、高速シャッターで止めてみました。

昨日のような流し撮りほど、動体をピタリと止める嬉しさはないものの、
これだけしっかり捉えられると気持ち良いですな。



昨日に続き、RAW1枚からのHDR。
1枚からにしては、黒ツブレも少なく、暗部のディテールもしっかり出てきてくれた。
デジカメのダイナミックレンジも広くなったもんですね。

レンズも昨日と同じくDA★60-250mm f4。
超音波モーターの割には、もっさりした動きのAFなのですが、
K-5との組み合わせで、多少早くなった気がします。
着陸時とはいえ、T-4にもしっかり食いついてくれました。

ただ、期待したほどのスピードアップはなく、特許の関係で、超音波モーターでは他社ほどの速さは出せないというのは本当の話なのか…。
昨年末に出た、AF用のDCモーターを搭載した、DA18-135mm F3.5-5.6 WRの方が、K-5との組み合わせだと圧倒的にAFスピードは早かったです。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-01-23 01:21 | カメラ  

<< エンジンの墓場(フィルムスキャ... ジェット機流し撮りHDR >>