「ほっ」と。キャンペーン

2010年アウトライダーツーリング写真コンテスト

昨年からメール応募可になったので、久しぶりにちょくちょく応募して年間グランプリを狙っていたのですが…、次点の佳作でした。
もう一ヶ月以上前の発売号なので、書店にないかもしれませんが、バイク雑誌コーナーに「アウトライダー」誌があったら覗いてみてください。

c0180505_0444231.jpg

以前、試しにコテコテのHDRIを送ってみたら、微妙な評価だったので、5shotからしっかりトーンマッピングしながらも、ぎりぎりのラインで仕上げてみたものでした。

バイクや人の配置、カメラの角度なんかも含めて、しっかり作りこんだ所が、良くも悪くも評価されての佳作だったようです。
やっぱり、旅の写真は、出会い頭の一枚のような写真の方が、グッと来るんですよね〜。

とはいえ、6年前に年間グランプリを頂いた時のこの写真も、
c0180505_057245.jpg

一見、パッと撮ったような一枚ですが、一年越しで再訪し、天気予報を念入りに調べ、同じ道を何度か往復しながら、36枚撮りのvelvia 50を2本以上使っての一枚でした。

1本5〜600円の露出がシビアなポジフィルムを入れた、重たいCONTAX&zeiss distagon 25mmを首から下げ、左手で軍艦部を掴み、左手人差し指でシャッターを押し、ノーファインダーで連射する。
ちゃんと撮れたかどうか確認できるのは、旅から帰った現像後。
デジカメがメインになった今となっては、ゾッとするような撮影スタイルです。
当たりが一枚でも、フィルム代&現像代は…
カメラ本体の陳腐化は圧倒的に早くなったとはいえ、デジタル化でランニングコストは本当に安くなりました。
コストを気にせず沢山撮れるので、デジタル化以降にカメラを始めた人のほうが、上達も早い気がします。

上の写真の、三人並んだ一番左のジュンペー君も、私の出身大学の後輩に当たる現役生ですが、誰から吹きこまれたのか、オッサンくさい三連パニアの旅バイクとマイナーなPENTAXデジイチへ足を踏み入れ2年程で、味わいある旅の写真を撮っています。
今回のアウトライダーツーリング写真コンテストは、年間グランプリの該当作はなかったものの、準グランプリが彼の応募作。
彼のブログはコチラです。

あ〜、外は雪とか降ってるけど、オートバイで旅したい!
c0180505_1224028.jpg

c0180505_1284475.jpg

c0180505_1295279.jpg

c0180505_1244485.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-02-12 01:32 | ツーリング 写真  

<< チチブのパリー 勝沼ワインの丘 地下ワインカーヴ >>