塩飽諸島 本島 笠島地区の町並み

c0180505_12223932.jpg


N700系は無線LANもコンセントもあるし、快適ですね〜。
ということで、東京駅に向かって帰宅中です。

今年のお盆は、実家の岡山から、祖父母の墓参で香川(塩飽諸島の本島&綾歌町)へ行った後、徳島へ。
さらに、仕事で奥さんが帰った後、岡山(水島)~広島(竹原・呉・大竹)~山口(周南・宇部・下関)~福岡(北九州・苅田)…と巡りってきました。

夜から早朝に撮りたい事もあり、徹夜/車中泊/健康ランド/漫喫/道の駅等を駆使しながらのハードな撮影旅でしたが、依頼された撮影があったとはいえ、半ば趣味の撮影でもあるので、さほど苦ではなかったです。

約1週間、四六時中、RAWでAEB5shotを続けていたら、撮影データ総量が約135GBと、とんでもない事に。
沢山の方のガンダムHDRIもまとめようと思っているんですけどね…。

そんな訳で、帰りの新幹線車内でもMacBookで撮影画像の確認&HDR。
1枚目は、祖父母の墓参で10年以上振りに訪れた、塩飽諸島の本島。
この島は、時の政権を渡り歩いた海の傭兵集団だった、塩飽水軍の本拠地で、歴史的な遺産も多く、戦国〜幕末あたりの歴史が好きな人には、オススメの島です。

上の写真は、国の重要伝統的建造物群保存地区でもある笠島地区の町並みです。
ここは、水軍の城跡もある、小さな城下町でもあります。
瀬戸内沿岸の港町は、近くでは下津井、他にも鞆の浦や竹原など、こういった趣のある古い町並みがよく残っています。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-08-16 12:28 | スナップ 写真  

<< 塩飽諸島 本島 笠島地区のマッ... 井島(石島)の山火事 >>