よいカメラとは何だろう。

c0180505_1393489.jpg

PENTAX×RICOH=ペンタックスリコーイメージング株式会社
ということで、10月からPENTAXがHOYAの事業部から新会社になりましたね。

新会社のコーポレートメッセージがUPされていますが、こういう思いでカメラを作り続けてくれるなら、これからも使い続けていきたいと、素直に思えるメッセージでした。
もちろん、コピーライターが入った文章でしょうが、今までとこれからのPENTAXブランドのあり方をよく表現しているのではないでしょうか。
ユーザーだけじゃなく、新会社の社員の皆さんも、改めてこういう思いを強くして、より良いカメラを作ってくれるもとの思います。

HOYAとの合併〜買収騒動以降、PENTAXのカメラ事業が、CONTAXやKONICA、MINOLTAのような道を辿りはしないかなんて心配していましたが、どうやらRICOHは良い嫁ぎ先だったようです。

思いおこせば小学生の頃、親父が若かりし頃に買ったPENTAXの露出計すら無い一眼レフ機をもらって以来二十数年、いろんなメーカーのいろんなカメラを使ってきました。

PENTAX SV
KONICA C35
OLYMPUS OM10
MINOLTA X-7
CANON T50
CANON EOS 5
FUJI TIARA
FUJI TIARAⅡ
KONICA Big mini
RICOH R1
KYOCERA T PROOF
CONTAX Aria
CONTAX RX
Yacica FX-3 super2000
CACIO QV-10
OLYMPUS CAMEDIA C-900
RICOH Caplio GX
RICOH Caplio GX8
PENTAX ist DL2
NIKON D40
PENTAX ist K10D
PENTAX ist K20D
PENTAX Optio W60
FUJI FinePix F200EXR
SIGMA DP1
SIGMA DP2s
PENTAX K-7
PENTAX K-x
PENTAX K-5

改めて思い返してみると、こだわりが有るような無いような…。
それでも、デジタル以降はPENTAX、RICOH、SIGMAといった、シェア的に見ると弱いメーカーを使ってきたのは、まさに上のメッセージにあるような思いを、カメラから感じられたからだと思うのです。
これからも、「売れる」だけじゃない、「思いのこもった」カメラを作り続けてくれる事を願っています。


ちなみに、上の写真はPENTAX K-5と、RICOHのフィルム一眼時代のKマウントレンズ、XR RIKENON 50mm f2を、PENTAX k-xでブラケット撮影からのHDR。
昔、中古で5000円ぐらいで買ったこのRIKENON、良い写りするんです。
デジタルでのRICOHのKマウント、Qマウントレンズも期待したいですね。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-10-05 01:32 | カメラ  

<< foveonで巾着田 逆光巾着田 >>