「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

HDR写真コンテスト大賞商品

ぎりぎりセーフ!
GW休暇に入る前日に、先月頂いたHDR写真コンテスト大賞の賞品が届いた。

SIGMA DP1。
コンパクトカメラだけど、撮像素子は一般的なデジイチと同じAPS-Cサイズ。
しかもRGB三層の感色層が重なり、ローパスフィルターの無い、Foveon X3ダイレクトセンサーを搭載。
同じセンサーを積んだSIGMAのデジイチ、SDシリーズは、レンズのマウントの問題もあり、さすがに手を出せないが、DP1なら…と、この1年ぐらいカメラ屋に行っては悩んでいた。

そんなカメラが早朝に届いたわけなので、早速(職場で)充電して、街に出て行った(仕事で)。
評判通り、AFやデータの記録速度はモッサリしているが、吐き出す絵は素晴らしい!
手ぶれ補正も無いし、ファインダーを覗いて安定させる事もできない、しかも大きいセンサーということで、かなり手ぶれしやすいが、キチンと撮れた時は、とても解像感の高い、それでいて自然な写真になっている。
銀塩全盛の頃、ツァイスレンズで撮った写真を表す時によく使われていた「空気感を写し込む」といった表現を思い出す。
実際、DP1で撮った写真をでかいモニター全面に開いて見ると、zeissのdistagon 25mmとVelviaの組み合わせで撮った写真を、初めてライトビュアーに乗せてルーペで覗いた時のような感動があった。
これは、早く旅先で試してみたい!

HDRへの適性も気になるので、取り敢えず街中でのスナップで、色々試してみた。
まずは、それほどいじらず、RAWから現像しただけの写真。
ISO100、F4.5、1/40で撮影。
c0180505_2145987.jpg

RAW1枚から、-2〜2の露出補正をした5枚を現像〜photomatixで合成〜photoshopで色調補正。
c0180505_2165916.jpg

さらにTopaz Adjustでディテールを軽く強調。
c0180505_2194043.jpg

1枚から生成したわりには、ノイズが目立たない。
そもそも、撮って出しの画像でも、暗部からハイライトまで、しっかり描写していて、通常のベイヤー式センサーの写真よりDRが広い気がする。

そこで、1枚目の写真をそのままTopaz Adjustでディテール強調してみた。
c0180505_2245285.jpg

元の画像データに余裕があると、マルチショットからじゃなくても、結構無理なく仕上がるかも…。
元の画像の「空気感」や「解像感」を生かすには、あっさり目な仕上げのほうが良いかもしれない。

とはいえ、しっかりいじっても、もちろん面白い!
これも、RAW1枚から5枚現像〜photomatix〜Topaz Adjust。
c0180505_2375966.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-29 02:42 | スナップ 写真  

会津ツーリング(3)会津若松 飯盛山のさざえ堂【2】

さざえ堂の昇りと降りの螺旋を繋ぐ最上部。
正六角形の天井部を、後ろに倒れる程見上げてみる。

オートブラケットで5枚〜HDR。
c0180505_23194737.jpg

左奥から昇ってきて、真ん中の橋を手前に渡ると、降りの螺旋スロープへとつながる。
c0180505_23242924.jpg

基本的にガラス等はない。冬場に来ると堂内はかなり寒い。
春は、窓の外に桜が咲き誇っていた。
暗い堂内との明暗差が激しいので、オートブラケットで5枚撮影後に、−1EVでさらに5枚。
1EV刻み、−5〜+4の10枚からHDR合成。
c0180505_23305646.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-27 23:31  

会津ツーリング(3)会津若松 飯盛山のさざえ堂【1】

会津若松といえば、白虎隊。
白虎隊といえば、自刃を遂げた飯盛山。
そして、飯盛山といえばさざえ堂だ。
さざえ堂?という人も多いと思うし、実際に飯盛山を訪れても、小さくて変わった形をした古いお堂に拝観料400円?といった感じで素通りする人が多いようだ。
私はといえば、これで4度目の拝観。
今回の会津ツーリングも、大半はココ目当てだったりする。

詳しくは公式HPがあるが、
http://www.geocities.jp/aizu_sazaedo/
さざえ堂は、200年以上前に建った木造の六角三層のお堂で、内部は階段ではなく、緩やかなスロープによる二重螺旋構造になっていて、昇りのスロープと降りのスロープは表裏一体となっている、とても珍しい建築物だ。
日本中で、いくつか堂内巡りができるお堂を見てきたが、こんな凝った構造のお堂は見たことがない。
昇りのスロープの天井が降りのスロープの床になっている。
これを木造で、しかも江戸の頃によく考えて作ったなと、何度行っても感心してしまう。

今回訪れたのは、三脚を使って、魚眼でしっかりブラケット撮影して、さざえ堂内のHDRIを作りたかったから。
一度目は、銀塩一眼がメインの頃で、CONTAX ariaに着けていたレンズは広角とはいえ25mm。
入れていたポジフィルムはvelvia50=ISO50なので、狭くて昼でも暗い堂内の撮影は、あえなく断念。
2度目はデジタル一眼ながら、手ぶれ補正も無く、高感度ノイズも酷く、手ぶれ写真の山に。
3度目は、K10Dになり、手ぶれ補正もあり、高感度もそこそこいけたので、RAWでそれなりの写真が撮れ、最近HDRを試してみたが、やはり暗部のノイズが酷く、今ひとつ。

4度目にして、やっと三脚を持っていき、2EVの5AEB、時には-1の露出補正をしてさらに5AEB撮って、あわせて10枚からHDR化を試みた。
木造建築のお堂なんで、登ったり降りたりするとお堂全体が揺れてしまうし、観光客の邪魔にならないよう朝の8:00に訪れる事に。

まず入り口。
c0180505_2227448.jpg

右上に見える天井は、左からつながった昇りスロープの床ではなく、降りのスロープの床部分。
その間の層=二重螺旋の裏側=降りスロープ部分が真ん中の隙間から見えている。
c0180505_2228272.jpg

昇りと降りの二重螺旋をつなぐお堂の最上部。
天井を見ると、お堂が正六角形の基本構造を持っているのがよくわかる。
c0180505_22282081.jpg

それにしても、なんて魚眼とHDR向きな建物だろう。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-24 22:36 | ツーリング 写真  

PENTAX K7D?

昨日辺りから、ペンタ関連各所で話題の新型機(の噂)。
PENTAX K7D。

特徴的な軍艦部の部分写真等、ちょこちょこと虚実入り混じったような情報がリークされているが、今日になってこんな画像まで出てきた。
c0180505_21315181.jpg

カメラ本体の写真は、それまでに出てきた画像と一致するような気もするが、新型機告知の広告としては、ちょっと雑すぎでは?
キャッチの級数やフォントの選択、レイアウトも微妙な感じ。
全体的に安っぽい…。とうか素人くさい作り。

でも、漏れてきたスペック情報が、新型としては控えめな感じで、逆にそこは信憑性があるんだよなあ…。
- Name: K7 (with or without "D")
- Size: slightly smaller than K20D
- Shape: peculiar, rectangular prism housing
- Official announcement: during last 10 days of May
- Delivery: end of June, beginning of July
- Pricing: around 1,500 ? (probably somewhat less)


All of the above seems already to be pretty solid information.
Much less solid, but perhaps already quite close to the truth, are the rumoured specs:

- Same sensor as the K20D
- Up to 6400 ISO with better noise treatment
- 5 images/sec
- 100 % viewfinder
- Better weatherproofing
- Mirror lockup
- Liveview and HD Video
- Better stabilizer .
- Better DRE mode
- 77 zones light metering
- Much better AF system even with non-SDM lenses
- 3 inches/ 920 000 pixels screen with in-body editing (crop...)
- 1/8000 shutter with 1/250 sync

まあ、ボディが一回り小さくなって、高感度特性が上がって、シャッター&連写スピードが上がって、視野率100%で、手ブレ補正の精度が上がって、AF性能が上がって、液晶が高画素になって、という辺りだけで、買う気満々になってしまうわけですが…。
K20Dが発表される前はEVFとプリズムファインダーが合わさったファインダーになる(ペンタが実際に特許申請している技術)なんて噂があって盛り上がったものの、実際のスペックが発表されて皆がズコーっとなった過去もあるので、色々期待せずに待ってみましょう。
もし上の画像がティーザーとして用意しているモノなら、そろそろリークじゃなく、本当に出てくる次期だろうし。

しかし、K10DもK20Dも、待ちきれずに発売日当日にほぼ定価で買ってきただけに、今回ばかりは値落ちしてから買わねば、と心に誓っているものの、予想を上回るスペックが出てきたら、自信がないなあ…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-23 21:38 | 日記  

会津ツーリング(2)横向温泉ロッジ

磐梯吾妻スカイラインを越え、裏磐梯に向かって急勾配のワインディングを下っていると、突然巨大な廃墟物件が現れた。
山上のさわやかな空気と青空の下でも、明らかに禍々しい気を放っていて、嫌でも目に飛び込んでくる。
横向  ロッジとあるが、帰ってから調べてみると、「横向きロッジ」「横向温泉ロッジ」などと呼ばれる福島では有名な心霊スポットだそうだ。
どこの県でも一度は聞いた事があるような、心霊スポットならではの噂話がたくさん出てきた。
中に入って撮影をするほどの廃墟マニアでも無いので、外から数カットを撮影。
ガードは非常にゆるそうな廃墟物件なんで、誰でも入り放題なんだろうけど、毎年数メートルの雪が積もるだけに、コンクリの崩壊が相当進んでいるようなので、安易に入らないほうがいいでしょう。
(そもそも、不法侵入でしょうけど…)

5枚ブラケット撮影~photomatix~Topaz adust+photoshopレタッチ~軽くNeatImage
c0180505_23253165.jpg
c0180505_23241714.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-21 23:26 | ツーリング 写真  

会津ツーリング(1)磐梯吾妻スカイライン

こんなにオートバイに乗らなかった事は、信号無視して右折で突っ込んできたおばちゃんと衝突してオートバイが大破・体が小破したとき以来だ。
いつもは真冬だろうが、ツーリングに出かけていたが、さすがに東北の冬は厳しい。
みちのくに吹く風も、すっかり温んできたので、久しぶりにオートバイで会津を旅してきた。

東北、なかでも会津は、東京・横浜に住んでいた頃から何度となく旅してきた土地。
その頃は日光あたりから会津西街道を北上するか、那須・塩原から会津西街道に入って北上というのが定番ルートだった。
今回は、せっかく北から向かうので、通行量が高くて(2輪で1150円)今まで走った事の無かった磐梯吾妻スカイラインを通って会津・裏磐梯に入る事にした。

麓は20度近い陽気だというのに、快調にスカイラインを駆け上がっていくと、バンソンの分厚い革をも透して、冷気が全身に伝わってくる。

このスカイラインのハイライトは、火山性のガスが立ちこめ、草木も生えない浄土平の風景だろう。
このエリアの1km程の区間は、停車する事を禁じられている。
オートバイで走り抜けると、強烈な硫黄臭がヘルメットのシールド越しに鼻を突いてくる。
残雪が黄ばんでいるのも硫黄のせいだ。

停車できないからというわけでもないが、久しぶりの走行写真。
このアングルの写真は、もう撮り飽きていたが、RAW1枚からのHDRとはいえ、なかなか新鮮なイメージになった。
c0180505_3562071.jpg

さらに進むと、雪の回廊に。
c0180505_3572360.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-20 04:02 | ツーリング 写真  

久しぶりにレンズ沼を見る【SMC PENTAX 50mm F1.2】

最近、毎週東京へ行っている。
今日も急な出張を終え、銀座7丁目から有楽町駅へ向かって歩き、スクランブル交差点で信号を待っていると、右斜め前にある教会のビルが目にとまった。
「そういえば、銀座のレモン社は、あのビルの最上階に移転していたなあ…。」
などと回想に耽る間もなく、1分後にはエレベーターの8階のボタンを押していた。

エレベーターのドアが開くと、めくるめくカメラとレンズの世界…。
新品中古、日本の主要メーカーからハッセル、ローライ、怪しいロシアレンズや東独ツァイスまで…。

写真を撮るのが好きなのは間違いないんだけど、やっぱりカメラやレンズ自体への執着というものも、間違いなくある。
女子に比べて、なんで男子はこういうモノ、とくにメカニカルなモノへの執着がつよいんだろう。
間違いなく、このお店のワンフロアだけで軽く1時間は時間がつぶせる。

もう、しばらくは必要なレンズは無いもんね〜。
などと、新幹線までの時間をつぶすつもりで入ったものの、気づくとマイK20Dには見知らぬレンズが装着され、店内をバシャバシャ撮っていた…。

KマウントのSMC PENTAX 50mm F1.2が、9000円。
一昔前は、中古なら結構安くてに入ったが、最近は中古価格も高騰する一方。

とはいえ50mm前後の標準レンズは、
carl zeiss Planar 50mm F1.7(Y/C)
PENTAX super takumar 55mm F1.8 (M42)
carl zeiss Planar 50mm F1.4(M42)
PENTAX FA 50mm F1.4 (K)
と、4本も揃っているし、いまさらなあ…。

でも、F1.2かあ…。
でも、50mmはなあ…。
でも、F1.2って、一段絞ってもF1.6ぐらいだよなあ…。
でも、50mmだしなあ…。
でも、F1.2で9000円なんだよなあ…。

と、逡巡する事約5分。
取り敢えず、あまり期待はできないけど、レンズの程度を見てみよう!
と決断し、店員さんを呼んでレンズを出してもらうと…、

想像以上の程度の悪さ。
前玉にいくつも小さな傷があり、玉の周囲はなぜか2箇所も大きな穴があけられ、後玉の周りの黒い金属部分にもはがれがあり、銀色の地金の色が露出している…。

これは、無いな。
と、あきらめかけるも、
取り敢えず、K20D持ってるし、つけて撮ってみよう!
と思い直した5分後に、9000円お支払い。

ボケ具合が、なんだかイマイチかなあ…、と思いつつも、意外とちゃんと写るかも、という事でお買い上げ。
安価で気軽に、多種多様なオールドレンズを手ぶれ補正も効かせつつデジイチで楽しめるのは、ペンタユーザーの特権なのだ!
などと、己の意志の弱さを自己弁護しつつ、早速レンズを装着して、有楽町から東京駅までガード下を歩きつつ試し撮り。

Topaz Adjust3がfree upgradeだというお知らせが来ていたので、Photomatixを使わずに、RAW1枚からTopaz Adjust3だけでいじってみた。
50mm F1.2を2段絞って、ISO200でssが1/50。
夜のガード下の横丁、しかも低感度で、十分なシャッタースピードが稼げる。
c0180505_3161244.jpg

ついでに、魚眼で1枚。
同じくRAW1枚からTopaz Adjust3だけでいじってみた。
さすがに暗いレンズなので、感度はISO100でssは1/10。
後処理でその他のレタッチも行ってはいるが、Topaz Adjust3になって、そのままでも結構ノイズが抑えられているようだ。
c0180505_3244614.jpg


そういえば、1枚目の写真を撮った横丁で、何気にノーファインダーで撮った一枚に写ったおじさんが、なんだかおかしな事に…。


c0180505_4292390.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-18 03:40  

月夜の横浜港大さん橋とMM21×HDR

出張ついでに川崎のコンビナートを撮影しにいったので、さらについでに大さん橋へ。
観覧車も消灯して、大さん橋のデッキには、いつもはたくさんいるカップルも少なく、車でやってきたと思われる首都圏近郊のヤンキーが騒がしくはしゃぎまわっていた。

三脚立てて写真を撮っていると、上下ともユルユルのスウェットを着込んだ兄ちゃんが「写真撮ってもらえないっすか?」とやってきたので、カメラを受け取ると、携帯だった。

う~ん。これは結構難易度の高い依頼…。
いっそのこと、俺のカメラで撮って、グリグリといじったHDR写真を送ってあげようかと思ったが、諸々面倒くさいので、携帯を構えてみるも…。
最近の携帯は夜景モードとかあるけど、あれはあれで結構ぶれる。
そもそも人の携帯だしよくわからんので、「ちょっと待ってよ。」と言い、三脚を利用してなるべく携帯を固定した状態で撮影。
結果、「おおっ、すっげ~綺麗に後ろが写ってる!」と喜んでくれた。

大さん橋は、そこからの夜景の眺めも素晴らしいが、大さん橋のデッキ自体がとても良い。
緩やかで不規則な起伏が連なっていて、ぶらぶら歩いたり、ぼけ~っと座っているだけでも心地よい。
横浜に住んでいた頃は(横浜とはいえ、ほぼ町田の辺りだけど)、よく用も無いのに来ていた。

そんなデッキの起伏とMM21の夜景&お月様。
ブラケット3枚撮影~HDR。
c0180505_2211525.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-16 22:11 | 風景 写真  

仏像×HDR

上野の桜を見に行ったのに、結局クジラやデゴイチを撮ったり、「国宝 阿修羅展」を見たりで、上野駅から仙台へ帰ることに。

興福寺の阿修羅像は、今まで何度か見てきたが、360度ぐるり生で見れるというのに惹かれ、40分待って東京国立博物館内に。
阿修羅像はもちろん、八部衆像等も、前から横から後ろから、間近でじっくり見る事ができた。
それぞれ、微妙な感情の機微まで表したような、表情が豊かな像ばかりで、すっかり見入ってしまった。
これは、三脚を立ててじっくり撮影してみたい!という衝動に駆られるも、もちろん無理。
ブラケットで5枚撮りで、じっくりHDRIにしてみたら、いいだろうなあ…。

という事で、常設展の方は撮影可のモノも多いので、人のいない展示でいくつか撮影してみた。
とはいえ、三脚立てるなんて事はできないので、もちろん手持ち。
しかし、館内はかなり暗い。
感度をiso1000~1600まで上げ、SS1/5~1/15程度でブラケット3枚。

1枚1枚はギリギリぶれないが、さすがにズレが大きいし、合成後のノイズも酷い…。
3脚で、しっかり5枚撮ると、よさそうなんだけどなあ。
c0180505_1255764.jpg

c0180505_1265088.jpg
c0180505_1282099.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-16 01:29 | スナップ 写真  

上野の森のクジラとデゴイチ×HDR

宮城の桜だけでなく、出張後の土曜日に工場撮影をした後日、上野の桜を見に行っていた。
ただ、もう散り始めで、しかも人多すぎ。
数年間の地方で暮らしで、東京の人の多さには耐えられない身体になってしまったようだ。
(それとも、単に歳のせい…)
国立博物館の興福寺阿修羅像展を見に行くも、これまた40分待ち…。

そんなこんなで、全然上野の桜は撮らず、こんなものばかりを撮影。
どちらも5枚ブラケット撮影~HDR。
c0180505_2134429.jpg

c0180505_21341552.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-13 21:36 | スナップ 写真