「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

四日市工場夜景HDRオフ

名古屋で1泊する予定があったので、翌日は久しぶりの四日市へ。
c0180505_054473.jpg

転勤で名古屋にいた頃は、まだHDR用のブラケット撮影はしていなかったので、HDR写真写真コンテストで大賞を頂いた時の写真をはじめ、以前にUPしている四日市の写真は全て1shotの写真からの仕上げ。
なかなか納得の良く仕上がりにできなかったので、四日市でAEB撮影する機会を伺ってました。

折角なので、東海のHDRerが集まれないかと思い、参加を呼びかけてみることに。
突然の思いつき&年末で仕事納めの人も多い日に、難しいよなあ…と思っていたんですが、fujynさんhawkさんに来ていただけました。
仕事納め後に駆けつけていただき、ありがとうございました。

工場夜景の撮影は、人気も少ない工業地帯や港の埠頭、時には高台の墓場なんかで撮影することが多いので、基本的に一人でひたすら撮影することに。
こういう趣味には比較的寛容な彼女でも、流石に冬の寒空の下、1箇所に1時間、それを何箇所も連れ歩くことはできません。
一人黙々と撮影するのも好きなんですが、たまには仲間がいるとなんだか心強い感じがして良いですね。

上の写真は四日市ドーム裏辺りから霞ヶ浦のプラント群を撮影。

こちらは初めて訪れた中部電力発電所横のスポット。
さすがほぼ地元のhawkさん。いい場所をご存知です。
c0180505_192247.jpg

こちらは定番の大正橋横からのコスモ石油。
何度訪れても、毎回見とれてしまいます。
c0180505_1122076.jpg

お二人が帰られたあとも、高速の半額割引時間まで間があったので、四日市でお気に入りのこの場所へ。
c0180505_2422263.jpg

最後は塩浜へ。
c0180505_2433342.jpg

日中は激しい通り雨や強風が吹き荒れていただけに、夜景撮影は厳しいか…
と思っていたものの、夜になると風も弱くなり、冬の空気が雨でさらにクリアに。
今までの工場撮影の中でも最高の撮影コンディションだったかも。

前に比べ、やはりマルチショットからのHDRは、弄っていても楽しいですね。
他のHDRerの方々も書かれてますが、最新のverのphotomatixはノイズの出方や色味が上品に抑えられ、後の作業も随分楽になりました。

写真は全てAEB5shotからphotomatix3.2.6〜Topaz Adjust~photoshop。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-31 03:04 | 工場・コンビナート 写真  

高架下と太郎の想い出

c0180505_2195331.jpg

勝どきで5年、銀座で3年、名古屋で1年、大阪で9ヶ月、仙台で9ヶ月、八重洲で3ヶ月。
働いた場所や職種はイロイロだし、社名も変わったりしたものの、10年と9ヶ月働いた会社を今日退社しました。

会社的にも仕事納めの日だけに、今ひとつ実感が湧かないものの、次の職場で仕事を始める2月までの1ヶ月間で、ジワジワ感じていくのかもしれません。

勝どきは別として、会社の拠点が銀座や新橋、なかでも山手線や高速寄りの場所に集中していたので、拠点間の移動や昼飯時、たまには気晴らしにと、東京駅〜有楽町〜新橋の高架下やその周辺を、よくウロウロしていました。

最終出社日前日のクリスマスイブ。
八重洲から銀座7丁目の昔いた部署へ挨拶に行く際も、外堀通りを通るのが最短距離だけど、ミルクワンタンの店や上の写真の横丁なんかを横目に見つつ、高架下をトレースし、数寄屋橋の岡本太郎作「若い時計台」をひとしきり眺めていきました。
c0180505_2464656.jpg

前にこの角度で見上げたときは、マリオンの後ろに有楽町イトシアは無く、タイスキで有名なコカレストランが入った昭和初期の建物や、汚い路地が広がっていました。

「若い時計台」は、この場所で40年以上立っているとの事。
新しいビルに囲まれても、全く古さを感じさせず、若さや力強さを感じさせる。
10年ごときを振り返ってしみじみしてる場合ではないなと、岡本太郎から力を分けてもらったような気がしました。

写真は、上からAEB3shotと5shotからphotomatix3.2.6〜Topaz Adjust~photoshop。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-26 02:58 | スナップ 写真  

意外と楽しい、江戸東京博物館。

c0180505_30578.jpg

nonbeさんがGANREFにUPした花魁写真で思い出し、外付けHDDで眠っていたデータを蔵出ししてきました。

江戸東京博物館は、撮影可能な展示が多いものの、館内は少し暗めな照明なので、HDRの素材とするのは結構難しいです。
もちろん三脚なんて立てる訳にはいかないので、感度を上げ、絞りは開放寄り、脇をぐっと締め、気合で手持ちブラケット撮影となります。

上の写真は、ISO800、AEB5shot、-1.7・0・+1.7、シャッタースピードはそれぞれ1/15・1/20・1/60。
photomatix3.2.6〜Topaz Adjust~photoshop。
他の写真も、ほぼ同じ撮影〜後処理です。

手持ちブラケットからのHDRとしては、ギリギリなシャッタースピードでした。
前にphotomatix3.0や3.1でトーンマッピングしたときは、ズレの調整がイマイチで放っておいたデータも、3.2.6だとかなりの精度でズレを調整してくれます。

こちらの芝居小屋「中村座」も、撮影条件は上とほぼ同じ。
c0180505_3271422.jpg

スバル360はさらにシャッタースピードが厳しい条件に。
c0180505_3315319.jpg

自分のガタイはでかいわりに、車はコンパクトなものが好きなんで、コレはもちろん、チンクチェントやメッサーシュミットなんかも惹かれます。

オフ車でダートを走るのも好きなんで、余裕があればトランポ用のピックアップトラックも欲しいですね〜。
アメ車のゴツイやつとかじゃなく、日本人ならやっぱりダットラ。
こちらは、ちょっとコッテリ仕上げ。
c0180505_345308.jpg

さすがに、この220型とはいかないですが、620型あたりが理想です。

いつものティルトアダプターでアオリ撮影…ではありません。
c0180505_353356.jpg

ここのミニチュアはかなり精巧なんで、逆ティルトのミニチュア写真より実写ぽいかも。
c0180505_3581648.jpg

東京江戸博物館。昔は墨田区民だったんで、よく目の前を通ってたし、隣のホテルでは何度も研修を受けていたのに、ただの箱物施設と思って侮っていました。
無駄に巨大な建物が建ってたわけじゃないんですね。
江戸を中心として、古代から近現代まで、幅広い内容の展示は、閉館間際に訪れれたぐらいではとても全てを見ることはできず、改めて、東京スカイツリーがもっと伸びた頃に併せて再訪しようと思います。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-24 03:32 | スナップ 写真  

鹿島コンビナート 砂山公園の夜明け

c0180505_238431.jpg

鹿島といえば砂山公園。
ちょっとした林になっている小さな丘がある以外、何もない公園だけど、鹿島の石油化学プラントを鑑賞するには外せないスポットとなっています。
c0180505_2425592.jpg

夜景を撮るべく向かったのに、製鉄所の高炉に時間を取られ、すっかり夜明けに。
とはいえ、じっくりと鑑賞・撮影できるので、夜景以外もオススメです。
c0180505_252946.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-21 02:48 | 工場・コンビナート 写真  

Softly as in a Morning Sunrise〜鹿島コンビナートの朝〜

c0180505_12456.jpg

三脚立てて、HDR用にブラケット撮影をしている時は、だいたいヘッドホンで何か聞いてます。
ジャズといえば何となく夜のイメージだけど、冬の澄みきった朝空の下、鹿島コンビナートの白い蒸留塔と煙を見ながら聴くソニー・クラーク・トリオの演奏は、なかなかマッチしていました。

c0180505_1264419.jpg

だからといって、撮った写真が「朝日のようにさわやかに」なったかどうかは別ですが…。

AEB5shotからphotomatix3.2.6。
冬の朝の透明感を出したくて、Topaz Adjust~photoshopの仕上げは、いつもよりサッパリ&クリア目に。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-19 01:33 | 工場・コンビナート 写真  

鹿島臨海工業地帯の朝昼夕(&四日市HDR撮影オフ?)

c0180505_2329758.jpg

深夜からウロウロしてたんですが、高波にのまれ死者もでてしまった強風によるブレのため、何度も撮りなおしをしていたら、すっかり夜が明けてしまいました。
久しぶりに砂山公園からのプラント夜景を満喫するぞ!と意気込んでいたのに…。
かろうじて点いていた明かりが、夜明けであることを表しています。

まあ、そんな低気圧のおかげで、昼過ぎからいい雲が出てくれたんですが。
c0180505_23341327.jpg

そうこうしていると、冬の太陽はあっという間に沈んでしまいます。
c0180505_2343216.jpg

写真は、AEB5shot/photomatix~Topaz Adjust~photoshop

2枚目は久しぶりにK-7のカメラ内HDR(強調)を使用~Topaz Adjust~photoshop
ちなみに、K-7カメラ内HDR(強調)撮って出しjpegはこんな感じ。
c0180505_23483593.jpg

撮影前のカメラ設定で、仕上がりが全然変わってくるのが面白いです。
これは、カスタムイメージ:雅、彩度:+3、コントラスト:+2、キー:+1、露出:-1。



あと、全然別の話ですが…
所用で12/27(日)に名古屋に行くので、翌日は数年振りに四日市へ行こうと思っています。
c0180505_0154284.jpg

仕事納めの方も多いようですが、今のところ東海のHDRer2人(fujynさんHAWKさん)が夕方あたりから参戦予定です。
場所柄、車での移動になるので、東京でのオフ会のように飲みの席は設けられないですが、撮影場所ミーティングを兼ねて飯でも食べて、いざ出撃という感じでしょうか。

あまり大人数だと動きづらそうですので、web上で多少なりともやり取りのある方で参加してみたいという方、
このクソ寒い中、浜風に吹かれながら、三脚を立てて長時間露光&AEBを繰り返していても、仕上がりのイメージを思い浮かべるとニヤニヤしてしまう!なんて奇特な人は、一旦コメントを入れてください。
集合場所や時間等の詳細は、ほぼ地元のHAWKさんと相談の上、追ってUPします。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-17 00:26 | 工場・コンビナート 写真  

鹿島臨海工業地帯の夜

c0180505_219699.jpg

数年ぶりに鹿島の製鉄所やコンビナートを堪能。

鹿島港の南側に広がる東部地区は、石油化学系のプラントやタンクが集積した、いわゆるコンビナート。
上の写真のように、片側2車線の整備された道路沿いに、大規模なプラントが立ち並んでいます。

鹿島港を挟んで北側に立ち並ぶのは、住友金属鹿島製鉄所の高炉に煙突。
c0180505_2494661.jpg

港を挟んで1km程度しか離れてない場所なのに、深く長く穿たれた鹿島港を迂回する事になるので、車でも30分程度かかってしまいます。

製鉄所のある港の北側から見た南側のコンビナート。
c0180505_2585027.jpg

そんな、近くて遠い2エリアを行ったり来たり。
しかも、鹿島には港公園に高さ50mを越える展望タワーがあり、その屋上は手すりのみでガラス無し!
さらに、その近くの埠頭からは港を巡る遊覧船が!
そんな訳で、ほぼ半日ウロウロして、撮影データは32GBオーバー…。
もう、処理どころか、要不要の整理さえ覚束ないですよ…。

写真は、船上で撮った写真以外は、基本的に5AEB、場面によっては露出を変えてさらに5AEB。
AEBの露出差は、主に2or1.7EV、たまに1or1.3EV。
今回から日本語版のphotomatix 3.2.6を使用。

冬は、モクモクといい蒸気があがるし、空気も澄んでるんで、工場鑑賞のベストシーズンなんですが…
概して風が強く、気温も低いので、長時間露光&AEBはブレと寒さとの闘いとなります。
野犬やヤンキーもウロウロしてたりするんで要注意。

あと、工場撮影に適した場所には、必ずと言っていい程釣り人が居るんですが…、
「釣りしてる人がいるってことは行ってもOKなんだ。」
なんて思って、気軽に堤防や岸壁に入ると、アウトな場合が多いです。
鹿島港は釣りスポットとしても有名で、釣ってもOKな場所も色々あるようですが、通算60人以上の人が波に飲まれて死んでいる南防波堤のような危険な場所もあります。
それだけ死んでて、進入禁止のフェンスやゲートもあるのに、沢山の釣り人がいたりします。
この写真を撮影した日も、ずっとヘリが飛んでるなあと不思議に思っていたら、3人行方不明(一人が遺体で発見)だそうで…。
合掌。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-15 10:51 | 工場・コンビナート 写真  

アメ横センタービルB1はアジアの香り

c0180505_19242752.jpg

さっきDP1はバシバシスナップしにくい、なんて書きましたが、ちょくちょくスナップで使ってます。
AF遅い、AWB微妙、高感度画質微妙で、かなり歩留まり悪いですが…。
とはいえ、ハマるとさすがのFOVEONセンサー。
1RAWから3枚減像し、photomatix〜Topaz Adjust、photoshopで仕上げました。

画質のきめ細やかさは、デジイチ同等かそれ以上。
ダイナミックレンジもベイヤー配列のイメージセンサーに比べると数段上。
ただ暗部のディテールは、F200EXRのダイナミックレンジ800%拡大画像の方がしっかり残ってますね。

この時はタイ料理用の食材を買いにいったのですが、ソーキ煮込み用の軟骨入りあばら肉や豚足、各種モツから狗肉まで、あらゆる肉が揃います。
c0180505_19434248.jpg

さらに、上海蟹からすっぽんまで。
c0180505_19462777.jpg

フロアに立ちこめる臭いは、東南アジアの市場そのもので、ちょとした旅気分に浸れます。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-12 19:48 | スナップ 写真  

師走のアメ横をコンデジスナップHDR(もどき)

c0180505_17584897.jpg

ぶらりと寄った新宿西口のマップカメラで、ついつい衝動買いしていたFinepix F200EXR、中古価格1万6千何百円也(最近は新品で1万8千円台だとか)。
21mmのパンケーキをつけたK-7が毎日バッグに入っているし、たまにDP1まで入ってるんで、防水コンデジOptio W60同様、なかなか日の目を見る事の無いカメラとなっていました。
そんな中、shockatzさんの影響もあり、ちゃんと使ってあげなければと思い立ち、先週はF200EXRだけをカバンに入れていました。

デジタルになってからは、すっかりPENTAX&RICOH機ばかりになったものの、銀塩の頃のメインはCONTAX&FUJI。
コンパクトカメラはRICOHのR1やCONTAXではなく京セラ名のT Proof(zeissのT*を積んだ防水コンパクト)に浮気をした事もありましたが、基本的にはフジのTIARA&TIARAⅡ。
28mmのスーパーEBCフジノンレンズは、逆光でもゴーストやフレアが少なく、周辺の光量落ちや画質低下も少なく、とてもコンパクトなボディの割に、良い仕事をしてくれました。

F200EXRは画角も28mm相当〜という事と、コンデジ故の気軽さも相まって、TIARAをポケットに突っ込んで街中をスナップしていた学生の頃を思い出し、懐かしい感覚で写真を撮れました。

DP1も28mmのコンデジじゃないか!という突っ込みは入らないとは思いますが、DP1はコンデジであってコンデジにあらずで、画質はデジイチ同等(場合によっては上回る)、操作性や撮影時の気遣いは中判並みなので、気軽にバシバシスナップという感じではないんですよね。
あと、高感度画質がいまいちで、手ぶれ補正機構もないんで、仕事帰りの夜間のスナップにはちと厳しい。

そこでF200EXR。
CCDシフトの手ぶれ補正があるし、高感度も画質もコンデジにしては優秀で、ISO AUTOで800ぐらいにしておけば、光量のある街中なら気軽にスナップできる。
そんな訳で、ダイナミックレンジ拡張を800%にして、師走の御徒町にぶらり途中下車。

上の写真は、jpeg1枚をSILKYPIX Proで-2と+2の2枚を作り、3枚のjpeg画像をphotomatix〜Topaz Adjust、photoshopにて各種調整。
ダイナミックレンジ拡張画像を、改めてそんな事して意味があるかどうかは微妙ですが、取り敢えずトーンマッピングしてみました。

こちらは、ダイナミックレンジ拡張800%画像をTopazとphotoshopのみ。
c0180505_1873442.jpg

こちらもTopazとphotoshopのみ。
アメ横センタービルは、地下に下りる階段の踊り場辺りから、アジアの市場の香りに包まれます。
c0180505_1811392.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-12 18:18 | スナップ 写真  

碓氷峠鉄道文化むら(2)

c0180505_18124170.jpg

前と同じく、碓氷峠鉄道文化むらにて。
鉄道よりは鉄馬の方が好きなんですが、この剥き出し感にはやはり惹かれますね。

この左の機関車は、関門トンネルを通るために、錆に強いステンレス製となったそうです。
c0180505_18163337.jpg

奇岩で知られる妙義山が近いので、背後に険しい岩山が迫っていて、HDR写真の借景としては抜群ですね。
c0180505_18193318.jpg

写真は3枚ともAEB5shot/2EV/-4~+4/photomatix~Topaz Adjust~photoshop。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-11 18:20 | 廃墟・廃線・戦跡・近代化遺産