<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

テトラポット三段構え

武田の騎馬軍団ぐらいなら防げても、想定外の津波は防げなさそう…。
c0180505_0564521.jpg

photomatix4.0で強力な動体ゴースト除去機能が搭載されて以来、過去に撮ってお蔵入りになっていた、動体が入ったブラケット5shotをちょくちょく引っ張り出している。

過去に、同じブラケット5shotからRAW1枚を使って仕上げたのがココの1枚目
光り降る空をしっかり再現できると、やっぱり嬉しい!
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-31 01:04 | 風景 写真  

新河岸川と河岸段丘と水田

昨日に引き続き、DP1のブラケット撮影からのHDRI。

c0180505_1273090.jpg

武蔵野台地の表層は、火山灰による関東ローム層なので、台地上の農地の殆んどは畑作。
田植え時期の水田を撮ろうと思い、改めて周囲を見渡してみると、荒川やその支流沿いの低地部にわずかにある程度。
昨日の写真のように、上の写真の新河岸川周辺にも水田はあるものの、スパッと切り立った河岸段丘と川の間の土地はとても狭い。
この家並は、その段丘を強調してくれる。
c0180505_1433716.jpg

猫の額のような水田の水面に映る、河岸段丘と宅地に工場。
c0180505_1471025.jpg

広大な干拓地の、見渡す限りの水田地帯で育ったので、こういう水田風景は新鮮。
オートバイや車も好きだけど、歩いての移動は、ちょっとした高低差や地形の変化、新たな発見が多くて、やっぱり楽しいですね。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-28 01:54 | 風景 写真  

田水張り 喜び勇む HDRer

c0180505_23214548.jpg

季節が良い&身体に良いので、休みになると、近所を10kmぐらいウォーキングしています。
最初は、K-5にDA21mm limitedを付けて持ち出したものの、軽量小型+パンケーキレンズとはいえ、早歩きに一眼はやっぱり邪魔。

FUJIのF200EXRも良いけど、やっぱりブラケットしたい…
などと、本来の目的以外であれこれ悩み、結局SIGMA DP1をお供にすることに。

しばらく使ってなかったDP1&DP2sだけど、やっぱ良いわ、Foveon。
DPシリーズは、コンデジ(そう分類して良いのか悩みますが)ながら、最大-3〜0〜+3で3shotの露出ブラケットが可能。
ローパスレスのFoveonセンサー の画像は、1shotでも現像次第でHDRライクな仕上がりが可能だけど、ブラケットからのHDRは、トーンマッピング後に思わず顔がニヤけてしまうような、好みの画像が出てくる。
SD1が645D並みの価格じゃなく、噂で上がっていた価格(5DⅡ程度)だったら、危うくマウントが増えるとこだった…。

c0180505_23375633.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-26 23:38 | 風景 写真  

工場萌えな方は、HDR Technoscapeへどうぞ!

c0180505_1444996.jpg

工場関係の写真を別ブログのHDR TechnoscapeだけにUPするようになってずいぶん経つのですが、このブログの検索ワードを見てみると、

1位:工場夜景
2位:水島コンビナート
3位:工場 夜景
4位:コンビナート
5位:工場 夜景
6位:廃墟
7位:四日市コンビナート
8位:四日市 工場夜景
9位:夜景
10位:四日市 コンビナート
と、ほとんどは工場がらみのワードばかり…。

c0180505_14145939.jpg

基本的に過去に撮った写真も最新のものも、工場・コンビナートがらみの写真はHDR TechnoscapeにUPして行きます。

c0180505_14243346.jpg

HDR Technoscapeには、朝昼夕夜と、様々な工場のある風景をUPしています。
以前はHDR factoriesという名前だったのですが、工場そのものより、工場のある風景が好きなので、HDR Technoscapeと変えました。

日本各地の工場風景をUPしていますが、幼い頃から慣れ親しんでいた地元に近い水島コンビナートをメインに、かつて住んだ事のある、横浜・名古屋・大阪・仙台=京浜・四日市・堺泉北・東北全域〜鹿島等の工場・コンビナート写真が大半を占めています。

c0180505_14462526.jpg

周南や北九州あたりが手薄なんで、久しぶりに訪れたいなあ…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-25 14:50 | 工場・コンビナート 写真  

川越 長喜院山門下

c0180505_149296.jpg


随分前にUPした、会津のさざえ堂内のHDRでも思ったけど、木造建築&千社札とHDRの相性はイイ!
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-22 01:54 | スナップ 写真  

蔵の街を、歩く、歩く、描く、撮る。

c0180505_2365765.jpg

1928年竣工の川越商工会議所の階段上からRAW5shotブラケット撮影。
photomatixの動体ズレ補正の進化がなければ、5shotブラケットからのHDRにしようとは思わなかったシチュエーション。
ただ、RAW+jpegの5shotブラケットが基本になってしまい、16GBのメモリが1日と持たないことも…。

川越商工会議所は、旧武州銀行川越支店で、国の登録有形文化財。
c0180505_23272687.jpg

半年ほど前、導入したばかりのK-5で、高感度ブラケットからのHDRを試した一枚。
ISO3200固定でRAW5shotブラケット〜HDR。

同じ設定で撮った、クリスマス仕様の中成堂歯科医院。c0180505_2335193.jpg

こちらは大正2年に建造。
川越というと蔵のイメージだけど、点在する大正〜昭和初期の洋風建築を巡るのも楽しいです。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-20 23:37 | スナップ 写真  

超広角流し撮り_02 蔵の街の西部警察

c0180505_23595752.jpg

昨日に続き、超広角流し撮り。

川越の蔵造りの通りを歩いていたら、黒い蔵の街並みにひときわ目立つスカイラインのR30が。
オッ、大門軍団!と、思わず腰を左に捻りつつ流し撮り。

HDR用に絞り優先で5shotブラケットになっていたので、シャッタースピードがバラけた5枚の流し撮りに。
上のshotは1/100。
これだと、ちょっと早過ぎるか。

これで1/50。水平方向〜奥への移動が加わるので、ピンが合うのはほんの一部。
c0180505_0125359.jpg


こうやって久しぶりに見ると、R32より、直線基調のR30や31の方が好きだなあ。
本物?の西部警察仕様では、勢いのないアフターバーナーや、屋根から20mm機関砲がでてきます。

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-20 00:24 | スナップ 写真  

超広角流し撮り_01 新宿の朝

c0180505_0414156.jpg

SIGMAの8-16mmを手に入れてココ1年、この超広角レンズでよく流し撮りをしている。
昔から、たまに魚眼でも試したりしてたけど(ココの2枚目)この超広角のほうが流し撮りでは楽しめる。

流し撮りと言えば、望遠よりのレンズで、動く被写体を追いかけるのがセオリー。
例えば、以前にUPしたコレ

超広角だと、自分自身がかなり寄らないと被写体が小さくなってしまうので、迫力が出にくい。
しっかり寄って、動きにぴったりシンクロして追いかけたとしても、超広角の特性故に、ごく狭いポイントを除いて、ほとんどが流れてしまう。
ただ、10shotに1枚ぐらい、そんな特性がハマる場合がある。

水平方向の動きだけじゃなく、体をのけぞり、ひねりつつ右上から右下へ…といった複雑な追いかけ方も面白い。
c0180505_051338.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-19 00:54 | スナップ 写真  

通りすがりの廃タウンエース

前回の廃アパートに続いての廃シリーズ。
c0180505_22454140.jpg

TOYOTAエンブレムはとれてるけど、このフロントまわりは、初代タウンエースと思われる。

都下の住宅街に残った、猫の額のような農地で、恐らく納屋としてここに在るようだった。
窓も割れてないし、まだまだ役割を果たしているようで、吹きっ晒しの田んぼや畑の片隅で朽ちている田舎の廃車のような境地に達するには、時間がかかりそうだ。

このHDRも、前回と同じく手持ちのAEB5shot~HDR。
標準露出を-0.7EV下げ、±2EVで露出幅は-4.7〜+3.3。

超広角レンズは、そもそも周辺部が流れやすい&ブレやすい。
SIGMA 8-16mmは、極端な超広角の割には、周辺部まで割と頑張っているけど、雑に撮るとやっぱり流れやすい。
5shotのブラケットからのHDRだと、周辺部にいくほどコマ間のズレも大きくなるのが厄介。
さらに、手ぶれ補正をonにしていると、微妙な撮像素子の動きが影響するのか、off時より、周辺画質が甘い気がする。
今回は、手ぶれ補正をoffにしての5shotブラケット。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-13 23:03 | スナップ 写真  

通りすがりの廃アパート

「特捜最前線」で、大滝秀治が聞き込みをしてそうな、昭和の香りがする廃アパート。

c0180505_0444950.jpg

廃と呼ぶにはまだ新しいけど、この錆具合と佇まいは、HDRerなら放っておけないでしょう。
通りすがりに思わず足を止め、手持ちのAEB5shot~HDR。
標準露出を1EV下げ、±2EVで露出幅は-5〜+3。

c0180505_0502658.jpg

スナップだと、自分の視線と同じように、意識して水平を取ることは無いけれど、こういうモチーフだと、シンメトリカルな構図もイイ。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-07 00:52 | 廃墟・廃線・戦跡・近代化遺産