タグ:四日市コンビナート・名古屋湾岸 ( 7 ) タグの人気記事

 

工場HDR写真ブログはじめました。

c0180505_1102461.jpg

工場写真の整理も兼ねて、”HDR Factories”という新しいブログを始めました。

半年ほど前から、イロイロなブログサービスで試していたんですが、弄りがいがあるのでFC2に決めました。
exciteブログはシンプルさに惹かれて始めたんですが、自分で弄れる所が少なすぎるんですよね。

こちらを辞めるという訳ではないので、どちらも引き続き宜しくお願いします。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-01-24 01:22 | 工場・コンビナート 写真  

四日市工場夜景HDRオフ

名古屋で1泊する予定があったので、翌日は久しぶりの四日市へ。
c0180505_054473.jpg

転勤で名古屋にいた頃は、まだHDR用のブラケット撮影はしていなかったので、HDR写真写真コンテストで大賞を頂いた時の写真をはじめ、以前にUPしている四日市の写真は全て1shotの写真からの仕上げ。
なかなか納得の良く仕上がりにできなかったので、四日市でAEB撮影する機会を伺ってました。

折角なので、東海のHDRerが集まれないかと思い、参加を呼びかけてみることに。
突然の思いつき&年末で仕事納めの人も多い日に、難しいよなあ…と思っていたんですが、fujynさんhawkさんに来ていただけました。
仕事納め後に駆けつけていただき、ありがとうございました。

工場夜景の撮影は、人気も少ない工業地帯や港の埠頭、時には高台の墓場なんかで撮影することが多いので、基本的に一人でひたすら撮影することに。
こういう趣味には比較的寛容な彼女でも、流石に冬の寒空の下、1箇所に1時間、それを何箇所も連れ歩くことはできません。
一人黙々と撮影するのも好きなんですが、たまには仲間がいるとなんだか心強い感じがして良いですね。

上の写真は四日市ドーム裏辺りから霞ヶ浦のプラント群を撮影。

こちらは初めて訪れた中部電力発電所横のスポット。
さすがほぼ地元のhawkさん。いい場所をご存知です。
c0180505_192247.jpg

こちらは定番の大正橋横からのコスモ石油。
何度訪れても、毎回見とれてしまいます。
c0180505_1122076.jpg

お二人が帰られたあとも、高速の半額割引時間まで間があったので、四日市でお気に入りのこの場所へ。
c0180505_2422263.jpg

最後は塩浜へ。
c0180505_2433342.jpg

日中は激しい通り雨や強風が吹き荒れていただけに、夜景撮影は厳しいか…
と思っていたものの、夜になると風も弱くなり、冬の空気が雨でさらにクリアに。
今までの工場撮影の中でも最高の撮影コンディションだったかも。

前に比べ、やはりマルチショットからのHDRは、弄っていても楽しいですね。
他のHDRerの方々も書かれてますが、最新のverのphotomatixはノイズの出方や色味が上品に抑えられ、後の作業も随分楽になりました。

写真は全てAEB5shotからphotomatix3.2.6〜Topaz Adjust~photoshop。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-31 03:04 | 工場・コンビナート 写真  

(4)四日市コンビナートの夜景×HDR

引き続き、HDRの習作。
四日市コンビナートの夜景をHDR化。
前にもUPした写真がありますが、各種パラメーターを変えて、色々試してます。
ただ基本的には、あまり不自然にならない程度のHDR化にしています。
c0180505_231968.jpg

c0180505_1571017.jpg
c0180505_1595841.jpg

c0180505_203822.jpg

c0180505_1447076.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-19 02:04 | 工場・コンビナート 写真  

名古屋港周辺の工場夜景

四日市コンビナート鑑賞の帰り道、無料の名四国道を通らずに、あえて伊勢湾岸自動車道を通る事があった。
それは、名港トリトンの上を走りながら新日本製鉄の高炉が見たい為。
下の写真は対岸からの撮影。
ココは、寒い冬の夜や朝に見せる白煙が見事です。

c0180505_122938.jpg
c0180505_1222358.jpg
c0180505_1223754.jpg

さらに南下して、知多市の出光興産愛知製油所と中部電力知多火力発電所。
セントレアに着陸していく飛行機の明かりが点線になって写りこみます。
c0180505_1253299.jpg

c0180505_127653.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-09 01:27 | 工場・コンビナート 写真  

四日市コンビナートの夜景(3)

こちらも定番スポット。
鈴鹿川北岸に広がる工場地帯の夜景。
c0180505_183126.jpg

c0180505_184655.jpg

c0180505_185896.jpg

c0180505_193638.jpg

c0180505_195279.jpg

c0180505_110353.jpg

c0180505_1101930.jpg

c0180505_1102927.jpg

c0180505_1104462.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-09 01:13 | 工場・コンビナート 写真  

四日市コンビナートの夜景(2)

日常の合間から見える異世界。
この写真を会社のPCのデスクトップにしていると、何度か、「これ合成写真?」とか「これCG?」と聞かれることがあった。
確かに、長時間露光やPhotoshopでの色調・明暗の調整、HDR等、通常の肉眼とは違った感じになっているが、紛れも無く現実にある景色だ。

c0180505_10248.jpg

HDR化。
c0180505_103771.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-09 01:02 | 工場・コンビナート 写真  

四日市コンビナートの夜景(1)

昨年度1年間は、転勤のため名古屋在住だった。
入社以来数年間の東京勤務。
横浜に腰を落ち着けようかと思った頃の辞令。

「転勤するとしたら行きたくない土地は?」
なんて質問があると、必ず名古屋と答えていた。
オートバイで各地を旅してきたが、愛知だけは素通り県だった。
要は、愛知というよりは名古屋という土地にあまりいい印象を持っていなかった。

しかし実際に暮らしてみると、「このまま名古屋に住み着いてもいいかも」と思えるほど住みやすかった。
海も山も近く、畑作地にも囲まれ食材は新鮮で安い。
部屋の賃貸料や駐車場も都心部なのに格安。
名古屋独自の食文化も、食べてみると意外とはまる。
ツーリングやドライブの場所にも事欠かない。

そして、高速道路のような名四国道を一走りすれば、そこは四日市。
1年間の名古屋暮しの間に何度オートバイや車で訪ねたか…。
工場・コンビナートに惹かれる者達の聖地の一つだ。

街とコンビナートが複雑に入り組み、一体となっている。
臨海部の埋立地に集積した水島等に比べ、いろいろな面でコンビナートが身近に迫ってくる。
その怪しい美しさに惹かれながらも、石油化学コンビナート特有のケミカルな臭気を吸いこみ、かつての苛烈な公害を思う。
製鉄所の高炉好きなので、水島などに比べその一点が物足りないが、それが見たくなったら伊勢湾岸自動車道で伊勢湾対岸の名古屋港へ。

まずは、定番のスポット。大正橋辺りから眺めるコスモ石油の四日市製油所の夜景。

c0180505_0422861.jpg
c0180505_0424150.jpg
c0180505_0425461.jpg
c0180505_0434357.jpg
c0180505_0435470.jpg

c0180505_04436.jpg

c0180505_0451753.jpg

反対側の昭和炭酸。
c0180505_0463695.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-09 00:48 | 工場・コンビナート 写真