タグ:流し撮り ( 3 ) タグの人気記事

 

トゥインクルレース流し撮り

A-GARAGEさん提供のガンダム素材を始め、日々撮っているブラケットデータもあり、じっくり弄りたい素材がたまる一方なのですが、お盆前のイレギュラー進行で、バタバタしております。

そんな忙しい最中の間隙を縫って、大井競馬場でレースの合間に行われた、東京スカパラダイスオーケストラのミニライブを観てきました。
屋外のスタンディングだというのに、小さめのカメラバッグに収まり切らないようなレンズ(PENTAX-DA★ 60-250mmF4)を詰めていったのは、ライブを撮るためではなく(そもそも撮らせてくれない)、馬を撮りたかったから。

大井競馬場といえばトゥインクルレース。
ビールを片手に、風通しの良いスタンドで、ライトアップされたレースを見るのは心地よい。
ただ、ライトアップされているとはいえやはり夜。
レース中の馬をしっかり止めて撮るには、感度を12800以上に上げても、ちょっとSSが足りない感じ。
必然的に流し撮りになるものの、クルマやバイク、列車や飛行機とは違い、水平方向の移動に加え、小刻みな上下運動も加わるので、SSの落とし所が難しい…。

テレ端で、f4.5、ISO1600、1/60秒だと、馬の躍動感はしっかり出るけど、全体がブレるかブレないかギリギリな感じ。
c0180505_143432.jpg

テレ端で、f4.5、ISO3200、1/250秒だと、狙った被写体をそれなりに止められるけど、前後の流れがイマイチ。
c0180505_191921.jpg

馬をメインで撮る人がいるのもうなずける、なかなかに奥深い被写体です。

しかし、夜に動体を流し撮りなんて、かつてのPENTAX機では考えなかったですね。
久しぶりにRAWから普通に現像して仕上げたのですが、好感度の画質はもちろん、AFの性能の向上も(PENTAX機比較で)改めて実感できました。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-08-05 01:19 | スナップ 写真  

超広角流し撮り_02 蔵の街の西部警察

c0180505_23595752.jpg

昨日に続き、超広角流し撮り。

川越の蔵造りの通りを歩いていたら、黒い蔵の街並みにひときわ目立つスカイラインのR30が。
オッ、大門軍団!と、思わず腰を左に捻りつつ流し撮り。

HDR用に絞り優先で5shotブラケットになっていたので、シャッタースピードがバラけた5枚の流し撮りに。
上のshotは1/100。
これだと、ちょっと早過ぎるか。

これで1/50。水平方向〜奥への移動が加わるので、ピンが合うのはほんの一部。
c0180505_0125359.jpg


こうやって久しぶりに見ると、R32より、直線基調のR30や31の方が好きだなあ。
本物?の西部警察仕様では、勢いのないアフターバーナーや、屋根から20mm機関砲がでてきます。

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-20 00:24 | スナップ 写真  

超広角流し撮り_01 新宿の朝

c0180505_0414156.jpg

SIGMAの8-16mmを手に入れてココ1年、この超広角レンズでよく流し撮りをしている。
昔から、たまに魚眼でも試したりしてたけど(ココの2枚目)この超広角のほうが流し撮りでは楽しめる。

流し撮りと言えば、望遠よりのレンズで、動く被写体を追いかけるのがセオリー。
例えば、以前にUPしたコレ

超広角だと、自分自身がかなり寄らないと被写体が小さくなってしまうので、迫力が出にくい。
しっかり寄って、動きにぴったりシンクロして追いかけたとしても、超広角の特性故に、ごく狭いポイントを除いて、ほとんどが流れてしまう。
ただ、10shotに1枚ぐらい、そんな特性がハマる場合がある。

水平方向の動きだけじゃなく、体をのけぞり、ひねりつつ右上から右下へ…といった複雑な追いかけ方も面白い。
c0180505_051338.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-19 00:54 | スナップ 写真