タグ:Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ( 7 ) タグの人気記事

 

PENTAX K-5のダイナミックレンジ

前回、A-GARAGEさんからもコメント頂いた、K-5のダイナミックレンジ。
高感度画質の優秀さばかり取り沙汰されるけど、低感度はどうなのか?
K-5関連のキーワードで辿りつく方もいらっしゃるようなので、その辺りを、購入して4カ月、15918回のシャッターを切ってきた実感と、いくつかの画像で検証…というか、感想をまとめてみます。

A-GARAGEさんがコメントに貼ってくれた、カメラ別のDRがランキングされているリンクや、デジカメinfoの投稿(どちらもDxO Mark調べのデータ)を見ると、DRの数値がニコンのD3Xを超えていたりで、俄かには信じられない数値になっています。

実際のところ、使っていてもその恩恵を実感できます。
過去のPENTAX中級機に比べ、明らかに白飛び黒ツブレが減りました。
多少の白飛び黒ツブレがあるぐらいがメリハリが出るものなので、RAWで撮って現像すると、パッと見、コントラストが弱く、眠い感じさえします。
銀塩フィルムでは、エセ森山大道的な白飛び黒ツブレ上等なモノクロスナップもよく撮っていましたが、基本的にはデジタルよりネガフィルムの方がラチュードが広く、使い勝手が良いと思っていました。
しかし、最新の撮像素子は、同サイズでの解像度だけじゃなく、DRもの銀塩に優ってしまったように思えます。

例えば、晴れ渡った朝に、ISO80で撮ったコレ。
c0180505_338216.jpg

RAW1shotをphotoshopCS5で現像しただけですが、小さな反射部分で飛んでいるところもあるものの、空の青さや雲のディテールから軒下の暗部まで、しっかり描写しています。

等倍切り出しがコレ。
c0180505_339777.jpg


トーンカーブで、暗部だけ持ち上げるとこうなります。
c0180505_339519.jpg

ノイズ処理なしでも、暗部のノイズは目立ってきません。

さらに明暗差の激しいシーン。
手持ちでカメラ内HDR(自動で-3・0・+3のブラケット3枚~HDR生成)で撮ったのがコレ。
c0180505_3421045.jpg

そして、RAW1shotをphotoshopCS5で多少のプラス補正で現像したのがコレ。
c0180505_3425041.jpg

カメラ内HDRとの大きな差はないような…

等倍で切り出して、トーンカーブで、暗部だけ持ち上げたのがコレ。
c0180505_3431726.jpg

いや~、なかなかツブレません。
流石に、上の方であげたzeiss planar50mm fi.4で撮った等倍切り出し画像に比べると、ディテールに甘さが出るものの、8-16mmという超広角のズームレンズにしては、よく写ってます。

ついでに、夕暮れ時の電柱をRAW1shot~photoshopCS5で普通に現像。
c0180505_3452121.jpg

photoshopCS5のRAW現像時の補助光効果で、暗部を持ち上げつつ現像したのがコレ。
c0180505_3453580.jpg

RAW1shotをphotomatix4.0に突っ込んだ後にphotoshopCS5で仕上げたのがコレ。
c0180505_3462256.jpg

ちょっとアンダー目に撮って、出来る限り白飛びを抑えれば、余程の逆光とかでなければRAW1shotだけでOKなのかも…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-03-10 01:55  

エンジンの墓場(フィルムスキャン〜HDR)

c0180505_22252438.jpg

久しぶりに、昔撮った銀塩写真をフィルムスキャン。
多分、7〜8年前。
おそらく、カメラはCONTAX aria、レンズはcarl zeiss planar T*50mm f1.4。
フィルムは、KODAK PORTRA V160。

ネガフィルムは、ポジや一昔前の撮像素子より、ラチュードが広い(厳密には知りませんが、ポジよりは確かに広い)ので、明暗差を付けてスキャンすると、デジカメで-1、0、+1のブラケット撮影したとき程度の、露出違いの3枚を得ることが出来る。
それをphotomatixにつっこんで、さらにphotoshop CS5 & Topaz Adjustで味付けしてみました。

ノイズというか、銀塩独特の粒状感はあるものの、感度100程度のフィルムで、雲のない青空とかが入っていなければ、けっこう良い感じにまとめられるかな…。

とはいえ、次の写真のように、ある程度飛び気味に撮っていると、流石に難しく、モノクロにまではしないものの、色を落とし気味にして、無理やり仕上げてみました。

c0180505_22432976.jpg

こういう被写体を撮ってしまうのは、昔から変わらないようで、整理すると、廃なものやゴミのようなものが写ったフィルムがたくさん出て来る。
これは、高校の頃読みふけっていた、小説家の安部公房からの影響大…
安部公房はCONTAX使いで、ゴミ捨て場とか、街のスナップで印象的な写真をたくさん撮っているのです。

『死に急ぐ鯨たち』という彼の文庫本を久しぶりに開いてみたら、インタビューで、
安部「うん、ぼくはなぜかゴミが好きなんだよ。写真を撮っていても、ゴミに出くわすと興奮して気持ちが弾んでくる。自動車のスクラップ置場、観光地の物陰、工場の裏通り、埋立て地、古い地下道…」
なんて話していたりします。

こうして読み返してみると、見事にココに書かれているような被写体を自分もとっているなあ…と気付かされました。
こういったモノに惹かれる人というのは、世の中に一定数いるようで、ネットの普及によって、そんな嗜好が、少しずつ表に出てきているんでしょうね。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-01-26 22:45 | 廃墟・廃線・戦跡・近代化遺産  

大須大道町人祭(3)

c0180505_2391081.jpg

2007年の大須大道町人祭。
ラストを飾るのは大須観音での金粉ショー。

上の写真は、ソロパフォーマーの銀粉ショー。
この人、日中もこの顔で商店街をうろうろしてて、見知らぬおっちゃんの自転車をこっそり押してたりしてました。

金粉ショーも、日中に商店街の別の場所で演じられていたものの、夜の大須観音のお堂で照明を浴びながらのショーがクライマックスだ。
c0180505_245618.jpg

演じるのは、俳優というか怪優としても有名な麿赤兒が率いる世界的な舞踏集団の大駱駝艦。
どちらかというと、全身白塗りでの舞踏が有名だが、このお祭りの際だけ全身金色で舞い踊る。
c0180505_2503053.jpg

お堂の前で繰り広げられる、力強くも妖しい舞踏に、すっかり魅入られてしまいました。

c0180505_2565424.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-06-24 02:59 | スナップ 写真  

大須大道町人祭(2)

c0180505_316735.jpg

昨日に続いて、2007年の大須大道町人祭。
大須の街と同じで、何でもありのお祭りは、一日中、町中で色々なパフォーマンス屋台が見られる。

後ろの名前達が気になる飴屋。
c0180505_3185993.jpg

一般的な大道芸も沢山やってるが、この人は妙な勢いがあって一番面白かった。
c0180505_3202814.jpg

金粉ショーならぬ、一人銀粉ショー。
c0180505_3285446.jpg

最初からメタリックでつるんとした人は、この手のレタッチの効き目が実感し辛いようです。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-06-23 03:26 | スナップ 写真  

大須大道町人祭(1)

c0180505_0491211.jpg

外付けHDDの整理をするつもりが、気づけば昔の写真でHDR…。
とはいえ、jpeg1枚からの作ったのも混じっています。
お祭り、屋台、人物等のHDRは、既に極めつつある方達がいるものの、やっぱり面白いので色々試してみました。

転勤で名古屋にいた2007年の大須大道町人祭。
名古屋は車での移動を前提に作られたような街故に、なかなか徒歩で街をブラブラする事がなかったけど、大須だけはよくうろうろしていた。
東京で言えば、浅草と秋葉原と高円寺と下北をギュッと詰め込んだような街。

そんな街の至る所で、大道芸人がパフォーマンスを繰り広げるのが、大須大道町人祭。
大道芸人だけじゃなく、大須観音周辺には色々な出店がでたり、花魁道中が練り歩いたり、フィナーレはお堂の階段でパンツ一丁の舞踏家達(男女)が金粉ショーを繰り広げたりと、かなり面白い祭りだ。
c0180505_145076.jpg

飴屋や射的屋といった、昔ながらのテキ屋も多い。
c0180505_1112379.jpg

しかし、Wiiはどうやったら落ちるんだろう…。

名古屋名物味噌カツも、揚げたての串カツを、どて煮の煮汁に突っ込むという、本来のスタイルで供されていた。
c0180505_1105350.jpg

気づけば、ビールと串カツとどて煮で両手はいっぱいに…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-06-22 01:21 | スナップ 写真  

四日市コンビナートの夜景(2)

日常の合間から見える異世界。
この写真を会社のPCのデスクトップにしていると、何度か、「これ合成写真?」とか「これCG?」と聞かれることがあった。
確かに、長時間露光やPhotoshopでの色調・明暗の調整、HDR等、通常の肉眼とは違った感じになっているが、紛れも無く現実にある景色だ。

c0180505_10248.jpg

HDR化。
c0180505_103771.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-09 01:02 | 工場・コンビナート 写真  

四日市コンビナートの夜景(1)

昨年度1年間は、転勤のため名古屋在住だった。
入社以来数年間の東京勤務。
横浜に腰を落ち着けようかと思った頃の辞令。

「転勤するとしたら行きたくない土地は?」
なんて質問があると、必ず名古屋と答えていた。
オートバイで各地を旅してきたが、愛知だけは素通り県だった。
要は、愛知というよりは名古屋という土地にあまりいい印象を持っていなかった。

しかし実際に暮らしてみると、「このまま名古屋に住み着いてもいいかも」と思えるほど住みやすかった。
海も山も近く、畑作地にも囲まれ食材は新鮮で安い。
部屋の賃貸料や駐車場も都心部なのに格安。
名古屋独自の食文化も、食べてみると意外とはまる。
ツーリングやドライブの場所にも事欠かない。

そして、高速道路のような名四国道を一走りすれば、そこは四日市。
1年間の名古屋暮しの間に何度オートバイや車で訪ねたか…。
工場・コンビナートに惹かれる者達の聖地の一つだ。

街とコンビナートが複雑に入り組み、一体となっている。
臨海部の埋立地に集積した水島等に比べ、いろいろな面でコンビナートが身近に迫ってくる。
その怪しい美しさに惹かれながらも、石油化学コンビナート特有のケミカルな臭気を吸いこみ、かつての苛烈な公害を思う。
製鉄所の高炉好きなので、水島などに比べその一点が物足りないが、それが見たくなったら伊勢湾岸自動車道で伊勢湾対岸の名古屋港へ。

まずは、定番のスポット。大正橋辺りから眺めるコスモ石油の四日市製油所の夜景。

c0180505_0422861.jpg
c0180505_0424150.jpg
c0180505_0425461.jpg
c0180505_0434357.jpg
c0180505_0435470.jpg

c0180505_04436.jpg

c0180505_0451753.jpg

反対側の昭和炭酸。
c0180505_0463695.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-09 00:48 | 工場・コンビナート 写真