タグ:HDR ( 246 ) タグの人気記事

 

PENTAX Q テスト撮影 for HDR 02

他にもデータがあったので、前回に引き続き、某カメラ店で試し撮りさせてもらったPENTAX Qのブラケット〜HDRのテストです。

c0180505_2232110.jpg

コチラも、±3EVでオートブラケット3shot。
ISO AUTOで、感度は前回より高め(125、250、2000)。
Topaz Denoiseとかclearといったノイズ軽減処理をせず、こんな感じです。

ちなみに、+3EV(ISO 2000)のshotがこれ。
c0180505_232415.jpg


もう一枚は、さらに感度が上がって、ISO AUTOで(125、400、3200)
こちらは、軽めにDenoiseをかけたレイヤーを混ぜてます。
c0180505_2294829.jpg


+3EV(ISO 3200)のshotがこれ。
c0180505_347222.jpg

どちらも、高感度域での色ノイズが目立たないので、処理がしやすいですね。
モチロン、それなりに光がある店内撮影という事で、夜の街などの明暗差の大きい場面での撮影に比べるとノイズが出にくいシチュエーションなので、実際にいろんなシーンで使うと、また違ってくると思います。

Qを開発する際に、1/2.3型裏面照射型CMOSだけでなく、一回り大きい1/1.7型も検討されたようですが、コンデジユーザーで不満の高い、暗い場所での高感度性能も妥協が無い形で仕上げたかったという事で、ノイズ特性の良かった1/2.3型に決定したとの事。
ボケ量、ボケ味に関しては、開発者の方曰く、両者でほとんど違いはなかったそうです。
解像度に関しても、「センサーを小さくしても、レンズの解像性能を高めれば写真は良くなる」という考えから、ボディサイズやレンズをより小さくできる1/2.3型にしたそうです。

ただ、Qの対応できるイメージサークルのサイズに多少の余裕があるようなので、将来的にワンサイズ大きなセンサーが搭載される可能性もあるようです。
(ただし、ボディ内手振れ補正の為の余裕が必要なので、ギリギリの大きさまでは使えないと思います)

実際、私も1/1.7のセンサーを積んだコンデジを持っていますが、概ねQの画質の方が繊細で解像感が高い&高感度の画質が良いですね。
もちろん、K-5等のAPS-C機の画質と比べると劣る訳ですが、コンデジとは一線を画す仕上がりの画質だと思います。

こちらは、ダウンロード可能なRAWデータを頂いて、1枚から弄ってみました。
c0180505_3163348.jpg

Topaz adjustは全く使わず、ノイズ処理も最小限に抑え、元データの味を残した感じの仕上げです。
おっちゃんのヒゲや服、ちりめんキャベツやブロッコリー等の素材感がなかなか良いです。
1/2.3型でも、ここまでできるもんだと、素直に感心しました。

それよりも何よりもこのカメラ、実際に手にして撮ってみると、物凄く物欲を刺激されるのです。
コンデジにはない基本スペック、操作性、拡張性。
小さく堅牢なマグボディにギュッと詰まった凝縮感と、軽快なシャッターフィールがタマランです。
センサーサイズを大きくする事で、このパッケージングを失うんだったら、本末転倒な感じさえします。
今月は何かと物入りだったので、グッと堪えましたが、それが無ければ間違いなく衝動買いしてしまう所でした…。

ああ、いろんなシチュエーションで試してみたい…。
PENTAXさん、モニターで使わせてくれないかな~。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-09-14 03:36 | カメラ  

PENTAX Q テスト撮影 for HDR

c0180505_1164727.jpg

8月31日に発売された、"ナノ一眼" PENTAX Q

某店で自分のSDカードを入れて撮影させて頂けたので、さっそくブラケットでHDR用にテスト撮影してみました。

一部のカメラ・写真好きからは、センサーが裏面照射の1/2.3型CMOSという事で、普通のコンデジと何が違うんだ!なんて危惧の声もあがっていたQ。
今回限られたシチュエーションで少し使っただけの感想ではありますが、ハイエンドのコンデジでよく使われてきた 1/1.7型CCDの画質と比べ、全く遜色は無いですね。
高感度画質に関しては、Qの仕上げはかなりいい感じです。
そのあたりの違いは、多分他でも詳しくレポートされると思いますので、ココではHDR用に特化した使用感を書いてみます。

○普通の一眼レフ並の露出補正の広さ(±3EV(1/3EVステップ))
 PENTAX機だと、さすがにK-5のような中級機(±5EV(1/3EVステップ)には及びませんが、K-rと同じスペックですね。

○露出ブラケット性能の高さ(3コマ 最大±3EV(1/3EVステップ)リモコン使用可)
 コチラもK-5のような中級機(3or5コマ ±5EV(1/3EVステップ)には及びませんが、K-rとほぼ同じスペック。
 リモコンが使える所は三脚使用ではK-rよりもHDR向き。

○シャッタースピードの早さ(JPEGで約5コマ/秒)
 感覚的にはK-7とほぼ同じ感じで「シャカ・シャカ・シャカ」と小気味よくブラケットできました。
 ただし、RAWだと「シャカ・・シャカ・・・・シャカ」と、かなり間が空いてしまうので、K-7やK-5のようにRAW+でバシバシ5shotブラケットをしまくるのは難しいです。

○高感度画質の良さ
 ISO3200や6400での単写画像を見た感じでは、色ノイズが良い感じに抑えられ、HDRの明撮用途には十分な画質です。
 K-x以降、PENTAXの高感度ノイズの処理の仕方は安定感がありますね。

○ISO AUTOの使い勝手の良さ
 露出ブラケットと組み合わせると、各shot毎に、ブレが起きない程度のシャッタースピードになるように感度を上げてくれる。
 その上がり方が、結構控えめで、簡単に設定最高感度にはならず、うまくばらけさせてくれます。

○前面のクイックダイヤル
 お気に入りの設定を4つ登録できる。HDR用の設定を複数登録しておけば便利ですね〜。

△ファインダーが無い
 両脇&顔の3点で固定できないので、手持ちブラケットが不安定。
 両吊りのストラップがあれば、ピンと張る事である程度は解消できる。
 ゴリラポッドとの組み合わせが良さげ。

上にUPした画像は、ISO AUTO125-3200、±3EVでjpeg3shotの露出ブラケット。
各shotの感度は200,125,1600。

こちらは同じ設定で、感度は125,125,640。
c0180505_164659.jpg

後処理で、たいしたNRをかけなくても、暗部のノイズは目立ちません。
もっと光の無い、夜の路地裏で試してみたい…。

そんな訳で、このサイズの中では、かなりHDRに使えるデジカメだと思います。
あやうく、fisheyeとセットで買ってしまう所でした。 
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-09-02 01:14 | カメラ  

坂出人工土地_02

c0180505_1394553.jpg

坂出人工土地の、高さ6〜9m人工地盤上には、1960年代〜80年代の間、数期に渡って団地が建設され、市営京町団地が出来上がった。

前回のコメントでArchitectural HDRのdoikenさんが解説してくれた中にも
>大高氏は人工地盤を駆使し導線を植物のように表し、配置計画も有機的なデザインになっています。
とありましたが、この掲示板の図を見ると、その意味がなんとなくわかるかも。
団地の各棟が意図的にズレて配置されているのがよくわかると思います。
実際には、期によって違う人工地盤や団地の高さも相まって、団地特有の無機的な感じがありません。
入り組んだ団地の中をさまよっていると、人工地盤上なのに、東京の下町…墨田区の京島
や東向島(玉ノ井)あたりの路地裏に迷い込んだような感覚におちいります。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-08-26 02:00 | 建築写真  

坂出人工土地_01

坂出人工土地にぽっかりあいた穴から生える木々。
c0180505_2333104.jpg

下から覗くとこうなる。
c0180505_23574715.jpg

人工土地上と地上を繋ぐ階段から見る地層。
c0180505_012796.jpg


母方の祖父母の墓参&坂出の番の州工業団地の撮影ついでに、坂出の市街地を通るたびに気になっていた、坂出人工土地を探索してみた。

土地といっても、番の州のような埋立て地ではなく、坂出駅にも程近い街中にある、高さ6〜9m、広さ約1ヘクタールの人工地盤。
とはいえ、通りすがりにパッと見ただけだと、ふつうの商店街や、路地裏の飲食街、市営駐車場に市民ホール、見上げると古い団地だったりと、特別変わった感じには見えない。

建築は門外漢なので設計者の方は知らなかったのですが、調べてみると、丹下健三などと同じく前川國男建築事務所出身で、私でも知っている黒川紀章、菊竹清訓、槇文彦などと一緒にメタボリズム・グループを作った大高正人という方。
メタボリズム=新陳代謝のはずなんですが、黒川氏等が設計した建築では「新陳代謝」が実現していると感じた事はありませんでした。
そんな建築における「メタボリズム」を、この坂出人工土地では、なんとなく感じることができました。
この辺りの詳細はArchitectural HDRのdoikenさんからの解説を期待。

人工土地上もその下も、かなり興味深い空間なのですが、普通に撮ると断片的にしか捉えられないので、なかなか伝わり辛いですが、魚眼・超広角・HDRを駆使して、この特殊な空間を伝えてみたいと思います。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-08-25 00:37 | 建築写真  

塩飽諸島 本島 笠島地区のマッチョ通り

c0180505_0322253.jpg

前回に続き、塩飽諸島 本島の笠島地区。
かつてのメインストリートだったというマッチョ通り。
水軍が活躍した織豊政権期を経て、海運・廻船業で栄えた徳川政権初期の頃と、筋骨隆々の船乗りたちが闊歩した通り…
なんて由来の方がいいのになあ…なんて思うのですが、実際は「町通り」が変異したもの。

c0180505_0445326.jpg

往時の賑わいは見る影もないですが、周囲わずか16キロの瀬戸内の離島とは思えぬ立派な街並みに、かつての繁栄を感じることが出来ます。

c0180505_0525524.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-08-20 00:51 | スナップ 写真  

塩飽諸島 本島 笠島地区の町並み

c0180505_12223932.jpg


N700系は無線LANもコンセントもあるし、快適ですね〜。
ということで、東京駅に向かって帰宅中です。

今年のお盆は、実家の岡山から、祖父母の墓参で香川(塩飽諸島の本島&綾歌町)へ行った後、徳島へ。
さらに、仕事で奥さんが帰った後、岡山(水島)~広島(竹原・呉・大竹)~山口(周南・宇部・下関)~福岡(北九州・苅田)…と巡りってきました。

夜から早朝に撮りたい事もあり、徹夜/車中泊/健康ランド/漫喫/道の駅等を駆使しながらのハードな撮影旅でしたが、依頼された撮影があったとはいえ、半ば趣味の撮影でもあるので、さほど苦ではなかったです。

約1週間、四六時中、RAWでAEB5shotを続けていたら、撮影データ総量が約135GBと、とんでもない事に。
沢山の方のガンダムHDRIもまとめようと思っているんですけどね…。

そんな訳で、帰りの新幹線車内でもMacBookで撮影画像の確認&HDR。
1枚目は、祖父母の墓参で10年以上振りに訪れた、塩飽諸島の本島。
この島は、時の政権を渡り歩いた海の傭兵集団だった、塩飽水軍の本拠地で、歴史的な遺産も多く、戦国〜幕末あたりの歴史が好きな人には、オススメの島です。

上の写真は、国の重要伝統的建造物群保存地区でもある笠島地区の町並みです。
ここは、水軍の城跡もある、小さな城下町でもあります。
瀬戸内沿岸の港町は、近くでは下津井、他にも鞆の浦や竹原など、こういった趣のある古い町並みがよく残っています。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-08-16 12:28 | スナップ 写真  

井島(石島)の山火事

今日から実家の岡山に帰っています。
でも実家には殆ど居らず、明日から香川〜徳島〜岡山〜広島〜山口〜福岡〜岡山…と巡る予定です。
とはいえ、行き当たりばったりなので、スケジュールはあって無いようなもの。
撮影データのバックアップ用にMacBook Proを持ってきていますが、明日以降はネットはiphoneのみになるので、しばらく更新は滞ります。

今日は久しぶりに王子が岳へ。
c0180505_23133019.jpg

備讃瀬戸を一望していると巨大な積乱雲…と思いきや、岡山と香川の県境がある井島(石島)の山火事でした…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-08-09 23:16 | 風景 写真  

BOIL JAPAN. 〜お台場ガンダムHDR素材〜

c0180505_23561468.jpg

カップヌードルの新CM、ファーストガンダム世代にはグッときますね。


このCMを見ていると、2年前のお台場ガンダムを思い出します。
c0180505_0123653.jpg

上の2枚は当時作ったHDRIですが、CMに影響され、さらに遊んでみました。
c0180505_0141996.jpg

CMに使われてるようなやかんが無いので、代わりに柳宗理のやかんを持たせたのですが、やっぱり金色の丸いやつに比べると迫力が無いですね…。
空のトーンジャンプも、改めて見ると気になります…。

photomatix4.1で改めてHDRIに、と思ったものの、結構な手間がかかって仕上げたので、もう一度やる気が起きない。

ここは、再びHDR素材提供で、いろんな方の仕上げを見た方が面白い!
とおもい、コチラコチラにデータをUPしています。

前回はDP1でのAEB3shotのRAW3枚を現像したjpeg3枚、
前々回はK-7でのAEB 5shotのRAW5枚。

今回は、どちらもK20DでのAEB 5shotのjpeg5枚。
これを撮影した頃は、転勤で仙台に居たので、東京出張の間隙を突いての撮影という事で、装備&メモリー不足でjpeg撮影のみでした。
それ故に、ミックス光源状態での夜景撮りで、色味をまとめるのが難しいかもしれません。

データは基本的に、個人利用の範囲内でお使いください。
WEB上での公開も、自分のブログやオンラインアルバム等に留めて下さい。
その際は、仕様データの引用先として、このブログのURLやリンクを貼って下さい。
ついでに、ココにUPした事を、コメントでお知らせ下さい。
いろんな仕上がりのHDRIを並べてUPしてみたいので、転載OKでしたら、その旨もお書きください。

今回は、被写体が被写体だけに、色々気になる所ですが…
「私的使用」で「著作権者の利益を大きく損なう」事がないように気をつけます。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-07-30 01:07 | HDR素材提供  

相馬の百尺観音と蓮の花

仙台にいた頃の写真を整理していて、東日本大震災後に百尺観音がどうなっているのか気になって調べてみた。
相馬の百尺観音は、親・子・孫、三代に渡って掘り続けられながらも、資金不足で未完成となった巨大な磨崖仏。
磨崖仏とはいえ、非常に彫りが深いので、パッと見は独立した仏像にも見える。

c0180505_0485926.jpg

左手と、そこから伸びた蓮の花あたりが華奢な作りで、以前から崩落箇所があったので、あの巨大地震を受けて無事だとは思っていなかったのですが、こちらのブログを拝見すると、やはりそこが崩れていた。

他の昭和以降の巨大仏と同じく、文化財指定などされてないし、私有物だけに、簡単に修復が進むとは思えないけれど、またいつか、蓮の花が咲いた頃に訪れてみたい。

c0180505_182342.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-07-27 01:08 | 珍景、B級スポット、B級グルメ  

西口のいけふくろう親子

いけふくろうといえば、池袋東口地下のちょっと怖い石像ですが、西口のロータリーあたりにも、いつの間にかいけふくろうが、しかもフレンドリーな親子の姿で立ってました。

c0180505_063835.jpg

DP1でAEB3shot(-3/0/+3)から、日中シンクロ風仕上げ。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-07-25 00:13 | スナップ 写真