タグ:PENTAX K-5 ( 56 ) タグの人気記事

 

PENTAX K-5のダイナミックレンジ

前回、A-GARAGEさんからもコメント頂いた、K-5のダイナミックレンジ。
高感度画質の優秀さばかり取り沙汰されるけど、低感度はどうなのか?
K-5関連のキーワードで辿りつく方もいらっしゃるようなので、その辺りを、購入して4カ月、15918回のシャッターを切ってきた実感と、いくつかの画像で検証…というか、感想をまとめてみます。

A-GARAGEさんがコメントに貼ってくれた、カメラ別のDRがランキングされているリンクや、デジカメinfoの投稿(どちらもDxO Mark調べのデータ)を見ると、DRの数値がニコンのD3Xを超えていたりで、俄かには信じられない数値になっています。

実際のところ、使っていてもその恩恵を実感できます。
過去のPENTAX中級機に比べ、明らかに白飛び黒ツブレが減りました。
多少の白飛び黒ツブレがあるぐらいがメリハリが出るものなので、RAWで撮って現像すると、パッと見、コントラストが弱く、眠い感じさえします。
銀塩フィルムでは、エセ森山大道的な白飛び黒ツブレ上等なモノクロスナップもよく撮っていましたが、基本的にはデジタルよりネガフィルムの方がラチュードが広く、使い勝手が良いと思っていました。
しかし、最新の撮像素子は、同サイズでの解像度だけじゃなく、DRもの銀塩に優ってしまったように思えます。

例えば、晴れ渡った朝に、ISO80で撮ったコレ。
c0180505_338216.jpg

RAW1shotをphotoshopCS5で現像しただけですが、小さな反射部分で飛んでいるところもあるものの、空の青さや雲のディテールから軒下の暗部まで、しっかり描写しています。

等倍切り出しがコレ。
c0180505_339777.jpg


トーンカーブで、暗部だけ持ち上げるとこうなります。
c0180505_339519.jpg

ノイズ処理なしでも、暗部のノイズは目立ってきません。

さらに明暗差の激しいシーン。
手持ちでカメラ内HDR(自動で-3・0・+3のブラケット3枚~HDR生成)で撮ったのがコレ。
c0180505_3421045.jpg

そして、RAW1shotをphotoshopCS5で多少のプラス補正で現像したのがコレ。
c0180505_3425041.jpg

カメラ内HDRとの大きな差はないような…

等倍で切り出して、トーンカーブで、暗部だけ持ち上げたのがコレ。
c0180505_3431726.jpg

いや~、なかなかツブレません。
流石に、上の方であげたzeiss planar50mm fi.4で撮った等倍切り出し画像に比べると、ディテールに甘さが出るものの、8-16mmという超広角のズームレンズにしては、よく写ってます。

ついでに、夕暮れ時の電柱をRAW1shot~photoshopCS5で普通に現像。
c0180505_3452121.jpg

photoshopCS5のRAW現像時の補助光効果で、暗部を持ち上げつつ現像したのがコレ。
c0180505_3453580.jpg

RAW1shotをphotomatix4.0に突っ込んだ後にphotoshopCS5で仕上げたのがコレ。
c0180505_3462256.jpg

ちょっとアンダー目に撮って、出来る限り白飛びを抑えれば、余程の逆光とかでなければRAW1shotだけでOKなのかも…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-03-10 01:55  

伊豆松崎 長八の宿 山光荘

今年のお正月に、久しぶりに伊豆半島をぐるっと一周してきた時の写真が放ったらかしでした…。
いまさらながら、すこしずつ現像したり、HDRに仕上げてます。

先日書いたように、横浜にいた頃は暇があればオートバイで走りに行っていた箱根〜伊豆。
以前から、泊まってみたいと思いながら、なかなか機会がなかったのが、松崎の山光荘。

学生の頃に初めて読んで衝撃を受け、その後の旅や写真の方向性、趣味嗜好にも大きな影響を与えられたつげ義春。
山光荘は、彼の旅モノの短編漫画「長八の宿」のモデルとなった宿だ。

c0180505_1222147.jpg

造り酒屋を旅館に改装している山光荘の中でも特徴的なのが、この長八の間。
土蔵一棟をそのまま客室として利用している。
「長八の宿」で旅人が泊まったのもこの部屋。
なんども読み返した作品で描かれていた部屋が、そのまま目の前にあるのは、ちょっと感動でした。


朝とはいえ、室内はさほど明るく、手持ちでしか撮影出来なかったので、ISO AUTO 上限3200の設定でRAW3shotのAEB。
流石にノイズは乗ってくるものの、畳のディテールにこだわって仕上げてみた。
細部のディテールにこだわらなければ、上限ISO12800や25600での5shotブラケットでも、充分使い物になりますね〜。

K-5は歴代のPENTAX中級機と同じく、最大±2.0EV幅で5shot=-4〜+4の露出でブラケットが出来ますが、3shotの設定時も±2.0EV幅。
K-xやK-rは最大3shotのブラケットながらも、±3.0EVなので、手持ちの3shotでサッとブラケットをするには、K-7やK-5よりも向いている気がします。
(その辺りの事は、shockatzさんのブログもご参考に)

ただ、以前のPENTAX中級機のRAW3shotからのHDRに比べると、こういう明暗差の強い場面でも、結構使える印象です。
K-5のRAW1shotは、明暗差が激しい場面でのディテールが結構残っているので、センサーのダイナミックレンジもかなり向上しているようです。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-03-07 02:00 | ツーリング 写真  

勝沼ワインの丘 地下ワインカーヴ

c0180505_1245969.jpg

久しぶりにブラっとドライブで山梨へ。

1100円で専用の試飲容器タートヴァンを買うと、甲州市推奨の約180銘柄が試飲し放題のココ
かの山岡士郎が、本当に和食に合うワインとして推している、甲州種のワインも豊富です。
オートバイや車で何度も来てますが、基本的に運転してる人なので、色と香りを楽しむだけなのです…。

c0180505_1371177.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-02-11 01:38 | 飲み・食い  

入間のドルフィン

c0180505_059581.jpg

川崎重工業製の純国産、T-4中等練習機。
丸みを帯びたデザインから、愛称は「ドルフィン」だそうです。

車輪の数は違えど、同じカワサキ乗り。
勝手に親近感を感じつつ、高速シャッターで止めてみました。

昨日のような流し撮りほど、動体をピタリと止める嬉しさはないものの、
これだけしっかり捉えられると気持ち良いですな。



昨日に続き、RAW1枚からのHDR。
1枚からにしては、黒ツブレも少なく、暗部のディテールもしっかり出てきてくれた。
デジカメのダイナミックレンジも広くなったもんですね。

レンズも昨日と同じくDA★60-250mm f4。
超音波モーターの割には、もっさりした動きのAFなのですが、
K-5との組み合わせで、多少早くなった気がします。
着陸時とはいえ、T-4にもしっかり食いついてくれました。

ただ、期待したほどのスピードアップはなく、特許の関係で、超音波モーターでは他社ほどの速さは出せないというのは本当の話なのか…。
昨年末に出た、AF用のDCモーターを搭載した、DA18-135mm F3.5-5.6 WRの方が、K-5との組み合わせだと圧倒的にAFスピードは早かったです。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-01-23 01:21 | カメラ  

ジェット機流し撮りHDR

流石に、RAW一枚からですが…
無理やり弄ってみました。

着陸態勢のC-1輸送機と、
c0180505_2338236.jpg


T-4練習機。
c0180505_23393971.jpg

最近は、広角や超広角で変則的な流し撮りしかしていなかったので、望遠での流し撮りはしっかり止めやすいなあと実感。

使用レンズはDA★60-250mm f4。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-01-21 23:46 | カメラ  

ブラケットからのHDRは無理でした。

c0180505_2227584.jpg

入間基地所属の練習機、T-4。
さすがのphotomatix4.0以降の動体ゴースト除去でも、これは対応できないですね…。

c0180505_2231454.jpg

「K-5」で検索してくれる人も多いようなので、たまには非HDR画像をUPしてみます。

AFまわりのスピード、とくにAF-Cの食いつきに難有りだったPENTAX機でしたが、K-5で随分良くなりました。
スポーツやモータースポーツでも、充分対応できるような気がします。
近距離でまっすぐ向かってくるジェット機にも、しっかり食いついてくれました。

たとえば、以下の写真は、0.5秒ぐらいの間に、カメラを横に振りながら取った写真です。

c0180505_22381140.jpg

c0180505_22384060.jpg

c0180505_2239792.jpg

c0180505_22393916.jpg

一旦、途中で間に挟まった樹の枝にピンが合い、再度、T-4に合焦してくれました。
(ここまでの使用レンズは、DA 35mm f2.8 macro limited)

c0180505_22454755.jpg

この撮影ポイントは、着陸直前の誘導灯がある広場なのですが、誘導灯の真下で待ち構えていると、見事にど真ん中を通り抜けていきます。

c0180505_2246885.jpg

(最後の2枚は、SIGMA 8-16mm F4.5-5.6)
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-01-20 22:50 | カメラ  

猫目線

c0180505_21204626.jpg

8-16mmでここまで寄れるということは、飼い猫でしょうか。
歩みを止めた一瞬の間に、K-5のカメラ内HDR=3shot。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-01-18 21:27 | スナップ 写真  

焼けダルマ

初詣の神社でのお焚き上げにて。

c0180505_0342686.jpg

達磨大師の座禅姿を思い浮かべる。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-01-05 00:44 | スナップ 写真  

埼玉の台湾

c0180505_1314165.jpg

台湾に行ってきました。

c0180505_134499.jpg

と、嘘を言っても通じてしまいそうな完成度。

c0180505_2210147.jpg

埼玉の田園風景に突如現れる極彩色。

c0180505_14017.jpg

一瞬、ひかりペット霊園?と思ってしまいそうですが、聖天宮という道教のお宮です。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-12-23 01:44 | 珍景、B級スポット、B級グルメ  

売る人買う人

c0180505_022525.jpg

東京国際フォーラムの中庭にて。

本来の意味のフリーマーケット=flea market=蚤の市の雰囲気でした。

c0180505_014153.jpg

photomatix4.0以降、デフォルトセッティングとなってしまった、RAW5shotブラケットでスナップ。
photomatixの優秀な動体ゴースト除去とはいえ、動体部分はRAW1枚からの処理になるので、極力動きが止まった瞬間を狙ってしまいます。

c0180505_07235.jpg


久しぶりにPENTAX DA 35mm F2.8 Macro Limitedを使用。
スナップといえば、銀塩の頃から慣れ親しんだ50mmの画角が、一番しっくり来る。
CONTAXボディにCarl Zeiss Planar 50mm F1.4。
今のPENTAXデジイチとコシナ製 Zeissの Planar 50mm F1.4の組み合わせも悪くないけど、APS-Cだと、慣れ親しんだ50mmじゃなく、1.5倍で75mmとなり、スナップにはちょっと狭すぎる。
そんな訳で、35mmだと、換算で約48mmとなり、なかなか具合が良い。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-12-05 00:17 | スナップ 写真