タグ:PENTAX K-7 ( 83 ) タグの人気記事

 

MagCupさん提供素材でHDR

c0180505_0123948.jpg

HDRブログ、Mag LabのMagCupさんが提供されている、AEB RAW5shot素材からのHDRです。
PENTAX K-7のAEB RAW5shot(-4/-2/0/+2/+4)で、素材としては申し分無し。

空の青はしっかり残しつつ、夕日の暖かさを出すことを目指しました。
明暗差の大きい空の中の電柱部分が潰れがちになるので、その辺りの処理も気をつけつつの仕上げ。
-4EVのshotで、しっかり描写されている太陽周りの雲も、極力飛ばさないように残してみました。
後は、細かく、ちょこちょこレタッチ。

今まで、何度かに渡って素材提供をしてきましたが、いろんな人に自分の素材を弄ってもらうのも楽しいですが、他の人の撮った素材を弄るのも、やっぱり楽しいですね。

↓以前のHDR素材提供
水島コンビナート夕景
八ヶ岳清泉寮
お台場ガンダム

↓別ブログの工場夜景写真素材は、まだダウンロード可能です。
王子製紙呉工場夜景
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-10-22 00:52  

光降る八ヶ岳

c0180505_224956.jpg

昨年、オートバイで旅した八ヶ岳山麓。
定期的に、昔取った写真を整理がてらHDR化しています。

薄明光線、光芒、天使の梯子、天使の階段、ヤコブの梯子、レンブラント光線…、
呼び名は色々あれど、この神々しさに惹かれるのは世界共通なんでしょうね。
c0180505_2355327.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-10-20 02:36 | 風景 写真  

夏から秋へ

c0180505_17553967.jpg

積乱雲と曼珠沙華。
HDDの整理をしていたら、2年前に岡山の美星町辺りで撮った5shotブラケットデータを発見。
本格的にHDR用にブラケットを始めた4〜5年前から、加速度的に未現像のRAWデータが増殖しています…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-10-12 17:59 | 風景 写真  

相馬の百尺観音と蓮の花

仙台にいた頃の写真を整理していて、東日本大震災後に百尺観音がどうなっているのか気になって調べてみた。
相馬の百尺観音は、親・子・孫、三代に渡って掘り続けられながらも、資金不足で未完成となった巨大な磨崖仏。
磨崖仏とはいえ、非常に彫りが深いので、パッと見は独立した仏像にも見える。

c0180505_0485926.jpg

左手と、そこから伸びた蓮の花あたりが華奢な作りで、以前から崩落箇所があったので、あの巨大地震を受けて無事だとは思っていなかったのですが、こちらのブログを拝見すると、やはりそこが崩れていた。

他の昭和以降の巨大仏と同じく、文化財指定などされてないし、私有物だけに、簡単に修復が進むとは思えないけれど、またいつか、蓮の花が咲いた頃に訪れてみたい。

c0180505_182342.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-07-27 01:08 | 珍景、B級スポット、B級グルメ  

コンビナートアワード 最優秀賞(通常仕様)

1月に応募していた、コンビナートアワードというフォトコンテストで、2点の写真を最優秀賞に選んでいただきました。

コンテストに気づいたのが締め切りの10日程前。
しかも軽いトリミングや色調補正以外の加工は不可…。
ここ数年、工場関係の写真は、HDR前提でのブラケット撮影しかしていなかったので、どうしようかなあ…と悩みつつも、久しぶりに丁寧な現像処理を行い、急いで数枚を応募していました。

c0180505_23203721.jpg

c0180505_23211788.jpg

選んでいただいた2枚とも、幼い頃から身近な存在で、十数年来撮り続けてきた、地元岡山の水島コンビナート。
しかも、工場のクローズアップ写真ではなく、意識して撮り続けてきた「工場・コンビナートのある日常の風景」というモチーフを評価して頂けたのが嬉しいです。

日本各地の工場・コンビナートを見て・撮ってきましたが、集積度合や開発規模、それらによる迫力や美しさはもちろん、
自然環境や日常生活と工場・コンビナートの様々な関わり方といった面でも、なかなか水島コンビナートに匹敵する場所はないと思います(地元贔屓!)。

どちらも、本来はHDR用にRAW5shotの露出ブラケット撮影~HDR用に撮影した写真なので、別ブログの”HDR Technoscape”に、HDR仕様の同作品をUPしています。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-06-10 23:25 | 工場・コンビナート 写真  

テトラポット三段構え

武田の騎馬軍団ぐらいなら防げても、想定外の津波は防げなさそう…。
c0180505_0564521.jpg

photomatix4.0で強力な動体ゴースト除去機能が搭載されて以来、過去に撮ってお蔵入りになっていた、動体が入ったブラケット5shotをちょくちょく引っ張り出している。

過去に、同じブラケット5shotからRAW1枚を使って仕上げたのがココの1枚目
光り降る空をしっかり再現できると、やっぱり嬉しい!
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-31 01:04 | 風景 写真  

工場萌えな方は、HDR Technoscapeへどうぞ!

c0180505_1444996.jpg

工場関係の写真を別ブログのHDR TechnoscapeだけにUPするようになってずいぶん経つのですが、このブログの検索ワードを見てみると、

1位:工場夜景
2位:水島コンビナート
3位:工場 夜景
4位:コンビナート
5位:工場 夜景
6位:廃墟
7位:四日市コンビナート
8位:四日市 工場夜景
9位:夜景
10位:四日市 コンビナート
と、ほとんどは工場がらみのワードばかり…。

c0180505_14145939.jpg

基本的に過去に撮った写真も最新のものも、工場・コンビナートがらみの写真はHDR TechnoscapeにUPして行きます。

c0180505_14243346.jpg

HDR Technoscapeには、朝昼夕夜と、様々な工場のある風景をUPしています。
以前はHDR factoriesという名前だったのですが、工場そのものより、工場のある風景が好きなので、HDR Technoscapeと変えました。

日本各地の工場風景をUPしていますが、幼い頃から慣れ親しんでいた地元に近い水島コンビナートをメインに、かつて住んだ事のある、横浜・名古屋・大阪・仙台=京浜・四日市・堺泉北・東北全域〜鹿島等の工場・コンビナート写真が大半を占めています。

c0180505_14462526.jpg

周南や北九州あたりが手薄なんで、久しぶりに訪れたいなあ…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-25 14:50 | 工場・コンビナート 写真  

超広角流し撮り_01 新宿の朝

c0180505_0414156.jpg

SIGMAの8-16mmを手に入れてココ1年、この超広角レンズでよく流し撮りをしている。
昔から、たまに魚眼でも試したりしてたけど(ココの2枚目)この超広角のほうが流し撮りでは楽しめる。

流し撮りと言えば、望遠よりのレンズで、動く被写体を追いかけるのがセオリー。
例えば、以前にUPしたコレ

超広角だと、自分自身がかなり寄らないと被写体が小さくなってしまうので、迫力が出にくい。
しっかり寄って、動きにぴったりシンクロして追いかけたとしても、超広角の特性故に、ごく狭いポイントを除いて、ほとんどが流れてしまう。
ただ、10shotに1枚ぐらい、そんな特性がハマる場合がある。

水平方向の動きだけじゃなく、体をのけぞり、ひねりつつ右上から右下へ…といった複雑な追いかけ方も面白い。
c0180505_051338.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-19 00:54 | スナップ 写真  

僕の好きな東北。(2)石巻市のサン・ファン・バウティスタ号

c0180505_0253918.jpg

牡鹿半島の付け根、石巻市渡波の慶長遣欧使節船ミュージアム。
伊達政宗公の命でヨーロッパへ渡った支倉常長ら慶長遣欧使節が乗った、サン・ファン・バウティスタ号の復元船が係留展示されていた。

写真を見てもらうとわかるように、半島の付け根のどん詰りのような場所なので、船ごと津波に飲まれたてしまったのではと心配していました。
ところが、船をとりまくドック棟展示室は壊滅状態だそうですが、サン・ファン・バウティスタ号は一部破損ですんだようです。
「復興のシンボルに!」という声も出ているそうなので、また見られる日が来ることを願っています。


[PR]

by hiro_sj30 | 2011-03-20 00:43  

僕の好きな東北。(1)名取市ゆりが丘から望む仙台の夜景

就職で東京に出て以来、何度となく旅してきた東北。
転勤で一年ほど住む事になった仙台。
その間、暇があればオートバイで出かけた三陸沿岸や福島の浜通り。

思い出も思い入れもあるいろんな場所が、画面の向こうでリアルタイムに黒い波に飲まれていくのを、声にならない声を上げて凝視していました。

遠くはなれた埼玉では、一日数時間の計画停電や、電車のダイヤの乱れ、ガソリンや食品・日用品の無駄な買溜めによる不足、200km以上はなれた原発への過剰な反応と、津波に襲われた現地に比べると、本当に些細な事で沢山の人が右往左往…。
もちろん、私もそんな中の一人で、被災地の現状を考えては、こんな事で狼狽えている場合じゃないと気付かされます。

東北の温かい人達や素晴らしい景観、大自然の恵みを求めて、再び沢山の人が訪れるようになる日を想って、今までに撮ってきた、東北各地の写真をUPしていこうと思います。
以前にUPした写真は”東北の旅”タグから。

c0180505_23502782.jpg

仙台の南、名取市の住宅地、ゆりが丘から望む仙台の夜景。
仙台市では徐々に復旧しつつあるようですが、宮城県内だけでも、まだ40万戸以上が停電との事。
こちらでは、できるだけの節電をしつつ、被災地での一日も早い復旧を願っています。


[PR]

by hiro_sj30 | 2011-03-17 00:04 | 風景 写真