「ほっ」と。キャンペーン

タグ:PENTAX K-x ( 13 ) タグの人気記事

 

ブリヂストンのオートバイ

昔は、オートバイも作ってました。
c0180505_0353853.jpg

戦後の最盛期は、100を超える中小オートバイメーカーが乱立し、どんどん淘汰されつつあった時代のオートバイ。
コレは北米向けの輸出モデルだそうで、モトクロス需要の高い現地向けの、スクランブラー仕様ですね。
小排気量でスポーティなブリヂストンのオートバイは、流れるようなタンクが特徴的ですが、コレは特に良いですね〜。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-02-26 00:50 | ツーリング 写真  

追憶のジョン&パンチ

イージー・ライダー大脱走(スティーブ・マックイーンの逃走シーン)マッドマックス(MFPのグース)等、オートバイに憧れるようになったきっかけは色々あるけど、よく再放送で見ていた「白バイ野郎 ジョン&パンチ」もそんな中の一つだと思う。

カリフォルニア・ ハイウェイ・パトロール(CHP)の白バイ隊員2人が主役の海外ドラマで、2台が並走してハイウェイを疾走するシーンが印象的でした。
アメリカの白バイ=ハーレーのイメージですが、このドラマで使われているKAWASAKI Z1000P系の白バイが、長く広く使われていたようです。

c0180505_1112173.jpg

バイクの森おがのに展示されていたZ1000Pは、ジョン&パンチのものより、ボリューム感のあるカウリングですが、こういうカウルにはちょっと惹かれます。
隣のトライアンフのポリス仕様もなかなかのカウルでした。
足下まで繋がったカウルは、マッドマックスのグースのMFP仕様Z1000を思い起こさせます。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-02-24 01:20 | ツーリング 写真  

「バイクの森おがの」のメッサーシュミット

先日のAKIRAの金田のバイクで、ふと思い出した「バイクの森おがの」のメッサーシュミット。

c0180505_020594.jpg

オートバイによる町おこしを目論んでいる(いた?)埼玉県小鹿野町。
「バイクの森おがの」は世界の貴重なオートバイが揃っていたミュージアムだったのですが、開館からわずか1年数ヶ月、昨年の9月末に閉館しました。
オートバイ好きには堪らない場所だったのですが、官主導のこういうハコものは、どうもうまく行かないものですね。

結構写真を撮っていたのですが、なぜか数カットだけ弄って、沢山のデータが眠っていました。
館内は、手持ち&高感度でのブラケットを強いられたので、K-7ではなくK-xのAEB3shot(-3/0/+3)データがメイン。
あらためて、K-5の高感度AEB5shotでしっかり撮ってみたかったなあ…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-02-23 00:35  

パリーの常連

前回UPしたチチブのパリー。

酷暑のまっただ中だった昨年の8月。
秩父とはいえ、朝の11時で既に30度を軽く超えていた。
そんな中、開け放たれた引き戸の暖簾をくぐって、外気と同じ室温の店内へ入ると、客は誰もおらず…と思いきや、テーブルの上でぐったりしていた、常連と思しき方から、ジロリと見上げられました。

c0180505_272738.jpg

その後、机の上も暑かったのか、気怠そうにお店から出て行きました。

c0180505_210973.jpg

真夏に見るやかんと石油ストーブといい、店内に漂うユルさが、快適とは言いがたいけれど、何か心落ち着く空間を作り出していました。。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-02-15 02:19  

鉱山の里

中津川林道で秩父から八ヶ岳へと抜ける手前。
脇道へ逸れ、数々の素掘りトンネルを越えていくと、
半ば廃村と化した鉱山の集落が現れる。

奥秩父のニッチツ鉱山。
廃好きに有名な場所ですが、現役鉱山です。
c0180505_138831.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2010-11-18 01:42 | ツーリング 写真  

浅草の地下街はソースの香り

c0180505_2331581.jpg

久しぶりの浅草。
雨が降っていたんで、商店街のアーケードへと繋がる地下道へ。
東向島から浅草経由で通勤していた11年前から、この地下道はほとんど変わりがない。
懐かしい光景を、手持ちAEB3shotからHDRに。

上野駅にも、かつてはこんな渋い地下道があったのに、いつのまにか改装されて小奇麗な雰囲気になってしまった。

地上へ向かって歩みを進めると、香ばしいソースの香りから饐えたような臭いへ…。
狭い通路と階段を進んでいくと、不可解な突起物がさらに不安を煽る…。
c0180505_3145110.jpg

コレはトマソンの分類でいうところのアタゴの一種ですな。

銀だこの看板がなければ、本当にこの先が地上に繋がっているのか、不安になってしまうような寂しさがたまらんです。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-05-27 09:38 | スナップ 写真  

K-7とK-xのブラケット撮影比較【神戸の鉄人28号】

c0180505_20856.jpg

shockatzさんから、
>今使っているK10/K20Dのブラケット撮影はk-xでも事足りますか?
というコメントがあったので、以前にUPした神戸の鉄人28号の別ショットで比べてみました。

上の写真は、K-7の+-2EVの5shot〜HDR(三脚使用)。
K10D、K20Dでも、このスペックは同じですね。
K-7の設定画面だとこんな感じ。
c0180505_253289.jpg

これで基本露出を-1や+1にすると、簡単に+-1EV幅の10shotが出来ます。
K-7から、セルフタイマー&ブラケットに加え、リモコン&ブラケットの一発設定も増えました。

K-7はドライブモードボタンを押して、ブラケット設定を選ぶわけですが、
K10D・K20Dだと、ブラケットボタンがあるので、一発でブラケット設定が出来ます。
EV幅や3shotと5shotの選択は前後ダイヤル。
この辺りの使い勝手の良さも、シェアの割にHDRerにPENTAXユーザーが多い理由でしょう。

K-xのブラケット設定画面はこんな感じ。
c0180505_215445.jpg

最大で+-3EV幅で3shot。
ただし、K-7のようなセルフタイマー&ブラケットに加え、リモコン&ブラケットの一発設定はありません。
そもそも、セルフタイマーでブラケット、リモコンでブラケットという組み合わせの撮影が出来ません。
(いろいろ試してみたんですが、出来ないんですよね…)
そして、レリーズも使えないので、夜に三脚を据えて長時間露光のブラケット撮影が難しいのです。
特に工場夜景などのように望遠を多用する時は、微小なブレも抑えないといけないので、ブラケット撮影時にレリーズやリモコン、セルフタイマーさえ使えないのは致命的。

オリンパス機並にになったフィルターのゴミ除去機構や92万画素の液晶、それに伴なう拡大時のライブビューの見易さ等、やっぱり総合的な使いやすさもあって、どうしてもK-7の稼働率が高くなりますね。
(上記の機能は、K20Dと比べれば、K-xは同等となりますが)

ただし、K-xは高感度画質の良さ(K-7も、世間で言われるほど悪いとは思わないんですが)があるんで、シャッタースピードが稼げる=手持ちブラケットが簡単。
日中に限らず、夜でも明るい街中なら、ISO800〜1600ぐらいで手持ちブラケット〜HDRというのも結構いけますね。
↓K-xで手持ち3shot AEB〜HDR。
c0180505_2295923.jpg

明暗差の強い場面では、やっぱり+-2.0EV 5shotのほうが、思ったような仕上げ易いです。
↓コレもK-xで手持ち3shot AEB〜HDR。
c0180505_2382862.jpg

K-xのブラケットだと使えないリモコンですが、K-xのカメラ内HDR(自動で+-3.0EV幅のAEB〜HDR合成)だと使えます。
K-x使って、三脚で夜景HDRを作りたい時は、この設定がよいでしょう。
カメラ内HDRは、「標準」と「誇張」しか選べないですが、事前にカメラの彩度やコントラスト等を変えておくことで、イロイロと仕上がりを変えられます。
勿論、後からphotoshopやTopazで弄っても良いですが。

↓ちなみにコレがK-xのカメラ内HDR〜各種レタッチした夜景HDRI。
c0180505_2544744.jpg

被写体は、安中駅前と駅裏の東邦亜鉛安中製錬所。

↓参考までに、レタッチ前(カメラ内HDR「標準」で撮影)の画像です。
c0180505_3411746.jpg

やはり、初級機と中級機の使い勝手の違いは大きく、ブラケット撮影するには、K-xよりもK10D・K20D・K-7が圧倒的に使いやすいですね。
普段からカバンに入れておいて、気軽に手持ちブラケットスナップにはK-x&パンケーキの21mm limited。
気合を入れて撮影に行く時は、K-7&各種レンズ&三脚。
という使い分けをしています。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-04-29 03:09 | カメラ  

実寸大ゴジラ? 新宿東口のビッグマツイ

前回に続いて、新宿東口の松井秀喜像。

電車の中吊り広告で後から知ったのですが、BIG MATSUI MESSAGE CAMPAIGNという企画との由。

仕事からの帰り道に毎日見るんですが、初日は足元のみだった手書きメッセージが、昨日は腿あたりまで来てました。

前に撮ったときはパンケーキレンズの21mmだったので、zeissの50mm f1.4で少しアップ目に手持ちブラケット撮影〜HDR。

c0180505_2361514.jpg

肌の質感とか、シワとかが、HDR&ディテール強調で妙にリアルに…。

実際の松井とか、ブラマヨの吉田等は、ブラケット撮影〜HDR〜Topazでディテール強調したりしちゃイケナイ気がしました。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-04-04 02:43  

これも実寸大? 新宿の巨大ゴジラ像

お台場のガンダム神戸長田の鉄人28号に続くのは、新宿東口のゴジラ。
c0180505_2363671.jpg

エンゼルス移籍前からFIREのCMでは赤ヘルメットだったようですが、この松井はまだ見慣れませんね。

仕事の帰りに突然現れたので、いつもバッグに入れているK-xにパンケーキのDA 21mm limitedの組み合わせで、手持ちAEB3shotのRAWからHDR。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-04-01 02:45 | スナップ 写真  

鉄人操縦中【神戸の原寸大鉄人28号_02】

正太郎君もすっかりオジサンとなるうちに、
2本のシンプルなスティックが突き出た操縦リモコンもiPhoneのアプリへと進化し、
鉄人はBluetoothで動かせるようになったようです。

c0180505_134152.jpg

なんて事なら面白いんですが…。

このオジサン、十数分前に商店街の数百メートル離れた辺りで、
「鉄人はどこにあるんでしょう?」
と、訊ねて来た人でした。

浪人して京都の大学へ入学したのが阪神大震災の年。
まるで空襲後の焼け野原の有り様だったこの一帯に、商店街の復興ボランティアで訪れて以来の再訪だというのに、何で俺にきくかな…
と思ったものの、たぶん首から一眼ぶら下げてたからでしょう…。

確かにこれから鉄人を撮りに行く所だったものの、事前に見た地図の記憶はウロ覚え。
ていうか、焼け野原からのあまりの変貌振りに驚きつつ、暫くさ迷ってしまい、ちょっとお店の人にでも訊くかな…
と思っていたところの質問だったので、
「いやあ、ぼくも探してるところなんですけど、多分アッチの方じゃないですかね。」
と何となくの記憶を頼りに怪しい情報を教えたものの…

この後、近くのお店の人に訊いてみたら、まったくの嘘情報を伝えていました。
ごめんよ、オジサン…と思いながら鉄人を撮っていたら、暫くしてオジサンが到着したので一安心。
遠回りしただけに、感動もひとしおだったことでしょう!!
うん。そうに違いない!

c0180505_1285870.jpg

前にUPしたのは手で太陽を隠しましたが、こちらは完全逆光。
やっぱり、こういう条件のほうが、撮影にも処理にも気合が入るし、HDRIのしがいがありますね。

上の写真はK-xで-2~+2で手持ち撮影の3shot jpeg〜photomatix~photoshop。
下の写真はK-7で-5~+3で三脚撮影の5shot RAW〜photomatix~photoshop。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-03-16 01:40 | 風景 写真