「ほっ」と。キャンペーン

タグ:PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3. ( 9 ) タグの人気記事

 

紅い花

赤いバラの写真で思い出した一枚。
c0180505_4354041.jpg

熊本県阿蘇郡小国町の鍋ヶ滝。
ぽとりぽとりと落ちた椿が、つげ義春の「紅い花」を思い出させる光景だった。

ここは滝の裏にも回れます。
c0180505_44264.jpg


そういえば、この写真を撮った4年前のロングツーリング以来、九州はずいぶんご無沙汰だ。
阿蘇のカルデラ内、温泉街にある阿蘇ライダーハウスに連泊しながら、九州をよく旅していた。
阿蘇周辺は有名無名の見所が多く、オートバイで旅していると色々な発見があるので、何度旅しても飽きることがない。

この鍋ヶ滝も、生茶のCMかなにかで使われる以前はそれほど有名な場所じゃなかったんで、最初に訪れた時は駐車場さえ無い寂しい場所だった。
最寄の道から滝へと行くには、マムシ注意の細い山道を降りていくことに。
さすがに、こんな毒蝮はいなかったけど…。
c0180505_444843.jpg

帰り際に通りかかった地元のおじさんは、一匹つかまえてました。
c0180505_445026.jpg

c0180505_4455989.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2010-05-24 10:21 | 風景 写真  

砲列

水木しげるロード関連の写真を整理してたら、すっかり忘れていた同じ年に撮影した写真を続々と発掘。

以前の仕事で、3年前に名古屋にいた頃、定期的に某クライアントの求人広告で必要な写真を、よく名古屋各所で撮っていました。

本当は、カメラマンをアテンド&ディレクションすべき所を、経費節減&面白いんで、自分とカメラ好きなメンバーで撮影する事に。

そんな撮影のロケハンとして、二人でカメラバックを持って名古屋港へ出かけてみたら、
やたらと公園内に同じように重装備の人たちがウロウロと…。

自分たちの装備のことも忘れ、コレは何事か?と訝しがっていたら、肌もあらわなオネエさんが公園内のそこかしこに!

どうやら、カメラ屋主催の大規模な撮影会だったようで、これじゃあ俺らも撮影会に来た人みたいじゃないか!
などと思いつつも、ちゃっかりこっそり後ろから撮影したりして…。
(本当は参加料が必要なので、あくまでサッとスナップ)


とはいえ、ひねくれ者なもんで、ついついこんなアングルに。


c0180505_0552584.jpg

長玉、白レンズの砲列の中で、魚眼が一人。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-03-27 01:01 | スナップ 写真  

第2回HDR撮影オフ会

c0180505_0104868.jpg

前回は津軽へ旅に出ていたので参加できなかった、HDR撮影オフ会の第2回に参加させて頂きました。

文京区シビックセンターの展望フロア〜ラクーアのウィンターイルミネーションでの撮影。
さらに居酒屋2軒をはしごしてのHDRや写真談義(一部猥談も含む)。

幹事のA-GARAGEさんをはじめ、副幹事のnonbeさんヴェロニカの手巾さんjunkiさんnobiannさんcafecicoさんno_doiken_no_lifeさんToshiroさん、皆さんおつかれさまでした。

今年になってはじめた人から、変態的且つ偏執的な技を駆使するベテランまで、幅広い参加者の撮影や機材を見たり、話を聞けたりと有意義な一日でした。
特に、HDRへと至った経緯やそれぞれのバックボーン等の話は興味深かったです。
情報交換はもちろん、撮影やグループ展など、色々発展していけると楽しいですね。

取り敢えず、イルミネーションが見事だったラクーアから仕上げています。
気付けば集合時間で、殆ど魚眼でしか撮れなかったのが心残り。
-4〜+4のRAW5shot、場合によってはさらに-5〜+3、-3〜+5の5shotを加えた10枚を使っています。
c0180505_03951.jpg

下の、三脚を据え、イルミネーションとは別の方向へカメラを向ける怪しい人物だけは、RAW1shotからの仕上げです。
c0180505_0481158.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-12-01 00:44 | 風景 写真  

冬の大倉ダムと定義如来門前の三角揚げ

c0180505_2124334.jpg

仙台も、さすがに暑くなってきたので、涼しくなるような写真をいじってました。

今まで住んできた、岡山、京都、東京、横浜、名古屋、大阪に比べれば、湿気も少なく格段に過ごしやすいけど、慣れとは恐ろしいものです。
とはいえ、この時期になっても一度も部屋のエアコンを入れてないというのは、今までではあり得ない事。
昼は暑くても、夜はそれなりに涼しくなるのがありがたい。

上の写真は冬場に訪れた、仙台郊外の大倉ダムの放水風景。
最近公開されてた、伊坂幸太郎原作の「重力ピエロ」という映画でロケをしたとの事。
写真で写っている後ろにもう一つのアーチがある、二連式アーチが見事なダム。

このダムからさらに山中に入っていくと、定義如来西方寺という大きなお寺があり、週末ともなると老若男女で賑わっています。
こんな人里離れた山奥のお寺に、なんでこんなに沢山の人が!と、驚いてしまう。

理由は、揚げ。
c0180505_2322144.jpg

ココを訪れる大半の人たちにとって、あくまで目的はこの揚げたての三角揚げ。
お寺はオマケといった感じ。
c0180505_2255188.jpg

お店の前には、揚げを頬張る人人人。
数十人が揚げを食べている姿は、冷静に眺めるとちょっと面白い。

醤油と七味は用意されているけど、個人的には生姜が欲しいところ。
実際、揚げたての分厚い三角揚げは美味しくて、おなかが空いてれば2枚はいける。
日常とは違う、シチュエーション的美味さもあるよなあ、と思ったが、お土産に買った持ち帰りの揚げを、家で炙って生姜とネギをのせて食べると、やっぱり美味しかった。
ついでに、オマケにくれた大量のおからで作った大量の卯の花も美味しかった。
仙台を訪れた際は、ダムとセットでオススメします。

余裕があれば、近くにニッカの宮城峡蒸溜所があるんで、工場見学〜シングルカスクのモルトを試飲で締められれば最高です。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-07-28 02:50 | 風景 写真  

PENTAX K-7 極私的インプレッション_01【HDR合成機能】

c0180505_19551224.jpg

今日はPENTAX K-7の発売日でした。

K20Dは、シャッターの連射速度やAF速度等、メカニカルな面での弱点はあったものの、画質やハイパーマニュアルやブラケット回りの操作感等、性能には十分に満足していた訳で…。

でも、諸々の速度アップや液晶画面の高画素化、視野率100%化、本体側手ぶれ防止機構を使い回しての各種機能(自動水平出し、撮像素子シフトによる構図微調整)、とどめにHDR合成機能…。
しかもオートバイの旅にもってこいな小型化、軽量化、マグネシウムボディによる堅牢化。

それでも、当初は「まだまだ我慢…」と思っていたのは、「コレだけ詰め込んだら10万円代後半にはなるだろうなあ…」と考えていたからで、コレが11万そこそこで出るとなれば、もう…。

で、早速昼から使ってみた訳だけど、他の人がしっかりレポートしなそうなHDR機能から、色々試してみました。
(シャッター回りとか、AF速度、LVの使い勝手とか、当たり前に進化してたんだけど、個人的にそれほど重要視してないもので、追々…)

K-7のHDR合成は、シャッター一押しで、露出違いのjpeg画像3枚が撮影され、そのまま自動的に合成されます。
合成後は、元の3枚の画像は残らないので、photomatix等の専用ソフトで合成したい場合は、別途ブラケットで撮影する必要があります。

まずは、露出補正無しで、普通にjpeg撮りした画像。
c0180505_20432100.jpg

K-7のHDR合成…「普通」設定で撮影。
c0180505_20441926.jpg

K-7のHDR合成…「誇張」設定で撮影。
c0180505_20491721.jpg

どちらも、白飛びしていたお堂の屋根瓦や地面の階調が出てきてますね。
こってりHDRに慣れた人には、「誇張」でもサッパリめに見えるかもしれません。
まあ、コントラストが高くて陰影の深い普通の画像の方が良い!という人もいそうですが、その辺りは好みの問題でしょうね。

ちなみに別途2.0EV幅で5枚ブラケット撮影〜photomatixで程々にHDR合成したのがコレ。
c0180505_20575339.jpg

さらにTopazかけてバキバキに…は、この写真だとチカチカしそうなのでやめときました。

ちなみに、HDR合成以外にも、デジタルフィルターとしてHDRというのがあり、3段階で強さを選べます。
K-7でHDR合成した画像を、さらにK-7内のHDRフィルターをかけると、結構バキバキな細部強調がされるので、カメラ内だけでもTopazライクなHDRイメージも作れそうです。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-06-27 21:02 | カメラ  

上野の森のクジラとデゴイチ×HDR

宮城の桜だけでなく、出張後の土曜日に工場撮影をした後日、上野の桜を見に行っていた。
ただ、もう散り始めで、しかも人多すぎ。
数年間の地方で暮らしで、東京の人の多さには耐えられない身体になってしまったようだ。
(それとも、単に歳のせい…)
国立博物館の興福寺阿修羅像展を見に行くも、これまた40分待ち…。

そんなこんなで、全然上野の桜は撮らず、こんなものばかりを撮影。
どちらも5枚ブラケット撮影~HDR。
c0180505_2134429.jpg

c0180505_21341552.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-13 21:36 | スナップ 写真  

上野アメ横界隈×HDR

今週も出張で東京へ。
仕事だというのに、カバンの中身の大半は、カメラとレンズ…。

一仕事終えてフリーになると、もう夕方。
とはいえ、すっかり春の陽気で、太陽もまだ沈みきっていない。

最近はちょっと出かける時は、スナップ用のSIGMAの30mm F1.4か
パンケーキでコンパクトなPENTAXのDA 21mm F3.2 Limited辺りが常用レンズ。
どちらかと言えば、銀塩時代の標準レンズ(PENTAX SMC TAKUMAR 55mm F1.8や
Carl Zeiss Planar 50mm f1.4)の画角で慣れているので、1.5倍換算で45mmになる
SIGMA 30mm F1.4がしっくりくる。

が、久々にPENTAXのDA FISH- EYE 10-17mmをカバンに入れていたので、
魚眼映えしそうな場所を考えて、御徒町から上野をぶらぶらした。
いくらブレにくい魚眼とはいえ、ISO200でシャッタースピードが1/20程度、
手持ちでブラケット撮影は3枚が限度。
一枚一枚は手ぶれ補正が効いて、そうそうブレる事は無いが、
HDRでの三枚合成するとなると、なかなか難しい。
さすがに、出張で3脚持ってくるわけにもいかないし…。
駄目ならRAWから、と考えて、脇をしめてパシャパシャ撮影。

さくっと撮って、さくっと飲んで、上野駅へ。
いつもは東京駅から乗る帰りの新幹線も、上野駅から乗ると、
いかにも東北に帰るぞ、という気分になる。
等と言いつつ、まだ仙台に住んで2ヶ月も経ってないけど…。

昔、東向島に住んでいた頃は、よく上野に買い物に来て、この辺りで飲んでたっけ。
c0180505_158560.jpg

photomatix後にTopaz Adjustでバキバキにいじってphotoshopでレタッチするも、
いじる前の画像と比べると、結局サッパリめの見た目に近い元画像を選んでしまう。
この辺りの好みは、人それぞれで面白い。
c0180505_1583196.jpg

c0180505_1585428.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-03-18 02:12  

(3)戦跡廃墟×HDR

横浜に住んでた頃、オートバイで軽く一走りしていた、神奈川県某所にある戦跡の廃墟。
随分前に撮影した写真を、無理やりHDR化。
やっぱり、HDRは逆光時に威力を発揮する。
c0180505_141612.jpg

c0180505_143279.jpg

c0180505_145528.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-19 01:06  

中山製鋼所の夕景・夜景(大阪)

大阪湾岸の河口に浮かぶ錆色の島。
ループ橋から見下ろすと、煙を吐きながら今にも出航しそうな姿だ。

c0180505_2321327.jpg
c0180505_2322479.jpg
c0180505_2323533.jpg
c0180505_2324734.jpg
c0180505_2331775.jpg

c0180505_234881.jpg

c0180505_234256.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-08 23:05 | 工場・コンビナート 写真