タグ:SIGMA 8-16mm ( 9 ) タグの人気記事

 

根岸競馬場一等観覧席跡

c0180505_3412045.jpg

戦前は競馬場だった、横浜の根岸森林公園に残された、巨大な痕跡。
横浜に住んでた頃はちょくちょく来てたけど、転勤で引っ越す事になった5年前以来の再訪。
しかし、なんにも変わっていませんでした。

こっちは、久しぶりにK-5のカメラ内HDRを試してみました。
c0180505_3452670.jpg

カメラ内HDRの設定はAUTO。
露出は-1程度にして、コントラストや彩度は高めに設定しての撮影。
割と素直ないいHDRを作ってくれますよ。
まあ、それでも滅多に使いませんが…
[PR]

by hiro_sj30 | 2012-02-27 03:49 | 建築写真  

ニッチツ 秩父鉱山の秋

c0180505_2343543.jpg

紅葉を愛でに秩父〜山梨へ向かったら、ついつい寄り道…。
ここは、かつての社宅や学校等が、廃墟好きに有名なスポットですが、個人的には稼働中の選鉱場の方が好きですね。

秋晴れのおかげか、理想とするイメージ(velviaのようなポジフィルムをライトビュアーの光越しにルーペで見た感じ)に近い仕上がりにできました。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-11-09 23:54 | 風景 写真  

超広角流し撮り_02 蔵の街の西部警察

c0180505_23595752.jpg

昨日に続き、超広角流し撮り。

川越の蔵造りの通りを歩いていたら、黒い蔵の街並みにひときわ目立つスカイラインのR30が。
オッ、大門軍団!と、思わず腰を左に捻りつつ流し撮り。

HDR用に絞り優先で5shotブラケットになっていたので、シャッタースピードがバラけた5枚の流し撮りに。
上のshotは1/100。
これだと、ちょっと早過ぎるか。

これで1/50。水平方向〜奥への移動が加わるので、ピンが合うのはほんの一部。
c0180505_0125359.jpg


こうやって久しぶりに見ると、R32より、直線基調のR30や31の方が好きだなあ。
本物?の西部警察仕様では、勢いのないアフターバーナーや、屋根から20mm機関砲がでてきます。

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-20 00:24 | スナップ 写真  

通りすがりの廃タウンエース

前回の廃アパートに続いての廃シリーズ。
c0180505_22454140.jpg

TOYOTAエンブレムはとれてるけど、このフロントまわりは、初代タウンエースと思われる。

都下の住宅街に残った、猫の額のような農地で、恐らく納屋としてここに在るようだった。
窓も割れてないし、まだまだ役割を果たしているようで、吹きっ晒しの田んぼや畑の片隅で朽ちている田舎の廃車のような境地に達するには、時間がかかりそうだ。

このHDRも、前回と同じく手持ちのAEB5shot~HDR。
標準露出を-0.7EV下げ、±2EVで露出幅は-4.7〜+3.3。

超広角レンズは、そもそも周辺部が流れやすい&ブレやすい。
SIGMA 8-16mmは、極端な超広角の割には、周辺部まで割と頑張っているけど、雑に撮るとやっぱり流れやすい。
5shotのブラケットからのHDRだと、周辺部にいくほどコマ間のズレも大きくなるのが厄介。
さらに、手ぶれ補正をonにしていると、微妙な撮像素子の動きが影響するのか、off時より、周辺画質が甘い気がする。
今回は、手ぶれ補正をoffにしての5shotブラケット。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-13 23:03 | スナップ 写真  

通りすがりの廃アパート

「特捜最前線」で、大滝秀治が聞き込みをしてそうな、昭和の香りがする廃アパート。

c0180505_0444950.jpg

廃と呼ぶにはまだ新しいけど、この錆具合と佇まいは、HDRerなら放っておけないでしょう。
通りすがりに思わず足を止め、手持ちのAEB5shot~HDR。
標準露出を1EV下げ、±2EVで露出幅は-5〜+3。

c0180505_0502658.jpg

スナップだと、自分の視線と同じように、意識して水平を取ることは無いけれど、こういうモチーフだと、シンメトリカルな構図もイイ。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-05-07 00:52 | 廃墟・廃線・戦跡・近代化遺産  

埼玉の台湾

c0180505_1314165.jpg

台湾に行ってきました。

c0180505_134499.jpg

と、嘘を言っても通じてしまいそうな完成度。

c0180505_2210147.jpg

埼玉の田園風景に突如現れる極彩色。

c0180505_14017.jpg

一瞬、ひかりペット霊園?と思ってしまいそうですが、聖天宮という道教のお宮です。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-12-23 01:44 | 珍景、B級スポット、B級グルメ  

高感度ブラケット〜HDRの可能性

c0180505_1744521.jpg

有楽町のガード下にて。

前回、photomatix Pro4.0で動体ゴースト除去が優秀になったお陰で、カメラのドライブモードのデフォルトが、RAWでブラケット5shotになったと書きましたが、もちろん、カメラの進化のお陰も大きいです。

PENTAX K-5だと、拡張感度でISO80〜51200まで使えるわけですが、普通の写真をRAWからの現像なら、個人的にはISO12800ぐらいまでは使えると感じました。
25600だと、解像感がグッと落ちてくるものの、WEBで使う分には使えます。
51200は、さすがに、色調も変わってきて、ノイズもしっかり乗ってくるので、非常用といった感じです。
ただ、色ノイズは少ないので、意外と見れる写真になってます。

そんな訳で、ISO AUTOで80〜12800あたりにしておくと、ガード下や夜の街中でも、躊躇なくブラケット5shotが出来ます。
だだ、それだと、5枚の写真それぞれが違った感度になるので、どれぐらいまでの感度で行けるのか、前ダイヤルを感度切替に当てはめて、感度を変えながら、絞り優先orシャッタースピード優先で試しています。

今回の写真は、どちらもISO4000でRAWのブラケット5shot〜photomatix pro 4.0でHDRに。

c0180505_17412417.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2010-11-27 17:31 | スナップ 写真  

ブラケット5shotデフォ

c0180505_23143772.jpg

どんどん小奇麗になっていく有楽町に残されたオアシス。
夜になると、乾き物や缶詰も買えるので、酒屋の角打ちスタイルでせんべろに。

photomatix Pro4.0で動体ゴースト除去が優秀になったお陰で、カメラのドライブモードのデフォルトが、RAWでブラケット5shotになってしまいました。
上のような場面なら、ちょいアンダーに撮れば、RAW1shotでも、それなりに仕上げられそうですが、やっぱり5枚から仕上げるほうが、厚みのある、落ち着いたトーンのHDRに仕上げられる気がします。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-11-25 00:52 | スナップ 写真  

超広角&HDRの似合う空

c0180505_1372037.jpg

8-16mmのような超広角レンズは、魚眼と同じように、特殊な画角すぎて、見渡す限りに広がる空や大自然を普通にとっても、今一つ面白くない。
なので、こういうパースの効いた場所や、切り取られた空を見ると、嬉しくなって、壁にもたれかかったり、座り込んだり、背伸びしたりと、水平なんて関係なく、ハマる構図を試してしまいます。

数寄屋橋から新橋へと続くこの通路。(関係者以外の通りぬけは禁止)
以前の職場が近かったので、銀塩カメラの頃から、よく撮りに来ていた場所。
ただ、ラチュードの広いネガフィルムでも、明暗差の強烈なココの空と壁を両立させることは出来ず、ブラケットで撮った2枚の写真をフィルムスキャンして、Photoshopで切ったり貼ったりと苦労していました。
デジタル化&HDR技術の進化で、随分気楽に撮れるようになったもんです。
こんな激しい明暗差のあるシチュエーションも、歴代PENTAX中級機の充実したブラケット性能なら、最大2EVピッチで5shot=8EVの露出幅で、一度におさめることが出来ます。

今回は、若くして筋金入りのHDRerである、Architectural HDRのdoikenさんに、そんなPENTAXの K20D&レンズ数本をお譲りするついでに、有楽町〜新橋〜勝どき〜月島を撮り歩いてきました。
本来なら、あまり万人におすすめできるカメラじゃないので、無理にでもK-xの方をオススメするところですが…
長年にわたり初代キスデジを使い続け、素敵なHDRを作っているdoikenさんなら大丈夫だろうと思っていたら、早速、初めてのカメラ&借り物の魚眼とは思えない仕上がりのHDRをUPされていました。

最新モデルに比べると、AFも弱いし、連写は遅いし、高感度は弱いしと、色々問題はあるのですが…
専用ボタンと前後ダイヤルで設定が容易なブラケット設定と、上記のようなHDRer以外にはオーバークオリティなブラケット性能、さらに低感度での画質の良さもあるので、低価格で本格的にブラケット撮影〜HDRをやりたい人には、K10DやK20Dの中古はオススメです。
(もちろん、一番のオススメはK-5ですが)

私も、めぐった順番で行けば有楽町の東京国際フォーラムの写真からUPする所なんですが、厳しい条件下の写真を仕上げるほうがワクワクするので、順番無視で仕上げていってます。

c0180505_2162583.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2010-11-23 02:47