タグ:SIGMA DP2s ( 6 ) タグの人気記事

 

foveonで巾着田

c0180505_0503283.jpg

SIGMA DP2sで撮る巾着田の曼珠沙華。
一応、±3.0EVのオートブラケットRAW3shotで、HDR合成も試してるんですが、普通に現像〜多少のレタッチだけのほうが圧倒的に良かったんですよね…。
foveonセンサーと巾着田は、とても相性が良かったようです。

c0180505_0553469.jpg

foveonで撮った写真は、等倍で切り出してもいいんですよね〜。
c0180505_0591530.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-10-08 01:04 | 風景 写真  

HDR素材_02(八ヶ岳南麓 清泉寮の夏)

このブログの以前のエントリーのコメント欄で、HDR Worksのcafecicoさんと、「HDR用ブラケット素材の交換をしましょうか」という話になり、先日、私の別ブログで工場写真のブラケット撮影データを公開してみました。

工場関係の写真以外にも、膨大なブラケットデータが眠っていますので、コチラではそれらを不定期に公開してみます。

今回は、SIGMA DP2sのブラケットデータをUPしてみます。
データのダウンロードページ
興味のある方は、foveonセンサーのHDRを試してみてください。
RAWデータもあるんですが、SIGMAのRAW形式だと、そのままphotomatixに放り込むとうまくいかないので、現像後のjpegデータ×3枚になります。

基本的に、個人利用の範囲内であれば、好きに使って頂いてOKです。
WEB上での公開も、自分のブログやオンラインアルバム等であればOKです。
その際は、仕様データの引用先として、このブログのURLやリンクを貼って下さい。
ついでに、ココにUPした事を、コメントでお知らせ下さい。
公開などせず試してみるだけなら、黙って使ってもらってもOKです。

高原の澄んだ空に湧き上がる夏の雲を、記憶の中のモクモク感に近づけて仕上げてみました。
c0180505_2183422.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2011-06-27 02:22 | 風景 写真  

竜の巣が…

もう少しで現れそうだったんですが…。

c0180505_03512100.jpg

赤い夕焼け雲の向こうから、笠をかぶった大きな雲がモリモリ上がってきたので、カメラを構えていると、アッという間に周りの雲に埋もれていきました。
バッグの中にDP1&DP2sを忍ばせておいて良かった〜。

c0180505_0542284.jpg

上がDP1、下がDP2s。どちらも手持ちで-3/0/+3のAEB3shotからのHDR。
雲の色は、見た目(=記憶色)に、できるだけ近づけたつもりです。
[PR]

by hiro_sj30 | 2011-06-22 00:47 | スナップ 写真  

開拓地のアメ車

c0180505_1502654.jpg

八ヶ岳周辺では、アメリカのJOHN DEERE製のトラクターをよく見かける。
日本としては広い耕作地の為か、それとも清里を開拓したのがアメリカの牧師だったからか?
カワサキ好きとしては、緑のカラーリングに目を惹かれてしまう。
c0180505_2514359.jpg

おっ、こんな小さなモデルもあるんだ、と思ったら…
c0180505_1564538.jpg

コチラはクボタ製でした。

それにしても、晴天下でのFoveonセンサー機によるAEB3shotからのHDRは、色んな面でスムースだ。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-09-06 02:04 | 風景 写真  

オートバイのある街角_02 アメリカン&イタリアン

c0180505_2330352.jpg


「さらば青春の光」を思い出すも、モッズ=ベスパはいいとして、ロッカーズ=ハーレーはないか…。
ていうか、左のオートバイのベース車はハーレーなのか?
エンジンがサイドバルブ=フラットヘッドだと思うんだけど。こんなシリンダーヘッドだったかな…。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-08-31 00:05 | スナップ 写真  

オートバイのある街角_01 MONTESA IMPALA2

c0180505_231157.jpg

オートバイでも、アメ車やイタ車、英車はよく見かけるけど、スペインのオートバイは滅多に見かけない。

今ではホンダ傘下となり、トライアルの世界では有名なモンテッサ。
インパラは60年代に生まれたモンテッサの代表車だそうだ。

混合給油の2stシングルだろうか。
エンジン周りのシンプルな造形が好ましい。

しかし、foveonセンサーでしっかりブラケット撮影すると、弄るのが楽しい!
通常の単写〜現像だけでもHDR的な画像になるけど、ブラケットでしっかり撮ってやると、もう、たまりません。
HDRIにして弄りたおしていくと、foveonセンサーのベイヤーとの違いが実感できます。

とにかく、好みの仕上がり(ラチュードは広く。ディテールはしっかり強調しつつ、画像の不自然な荒れや破綻は抑え、目で見て記憶しているような鮮やかでクリアな仕上がり)のHDRIを作り易い。

コンデジなんでホールド性はよくないものの、標準画角に近い明るい単焦点なんで、日中なら手持ちAEBもなんとかいける。
とはいえ、流石にレンズマウント違いのSD15には手を出せない…。
PENTAXがFoveon搭載機を作ってくれないかなあ。
[PR]

by hiro_sj30 | 2010-08-29 23:26 | スナップ 写真