「ほっ」と。キャンペーン

タグ:TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 ( 5 ) タグの人気記事

 

PENTAX K-7 極私的インプレッション_01【HDR合成機能_02】

c0180505_2314777.jpg

なんだか、ネット上では相変わらず、等倍でみた高感度画像なんかで、一喜一憂してる人も多い訳ですが、銀塩からデジカメが主流になり、新製品が出るたびに飽きもせずに繰り返されてきたこの等倍鑑賞なる慣習…もういいんじゃない?と思ってしまいます。
写真の一部を拡大して見て、何が楽しいのか分かりません。
全体を見る、見せる画像の大きさなんて、普通の人なら大きくても1920×1280pixelか、出力ならA3ノビまででしょう。

そんなわけで、感度別にカラーチャートや、室内で静物撮りして比べたりは他の人や雑誌にお任せして、あくまで実用域でのインプレッションになります。
高感度域の画質等は、そのうち夜間のスナップとかで使ったらUPします。

とはいえ、ISO800ぐらいまで使った感じでは、K20Dに対して大きく画質が向上している感じはなく、若干色ノイズの出方が控えめになったかな…という程度です。
後処理でノイズリダクションをかけると、いい感じにノイズレスでツルッとした画像にも仕上げられるでしょう。
PENTAX機の画像の特色として、ノイズというか、粒状感というか、解像感重視でその辺りを残したと思われる画質は、K-7でも変わってはいません。
高感度画像を等倍で細かく見て色々気になるような人は、NIKONのD700やD300あたりを買った方が幸せになれるでしょう
余裕があったら、自分も欲しい機種です。

銀塩の高感度フィルムや、デジカメを使い始めた14年前(25万画素のQV-10)を思うと、K10D辺りの画質や画素数で十分満足しているので、K-7の各種新機能等は、コレからのカメラの進化の方向性としては良いのではと思います。



で、ティルトアダプターを使ってミニチュア的ムービーを撮ってみたい!ついでにミニチュアフィルターと逆ティルト撮影画像を比べてみたい!と思い立ち、140kmほど南のいわき市小名浜のマリンタワーを目指し、快調にカワサキ W650のアクセルを開けていた所、以前車で走った時には気づかなかった「百尺観音参道」という看板が目に入ってしまった…。
今にもエンジンが止まりそうな25年モノの2ストジムニーは、ロングドライブだとかなり気を使うから、見逃していたんだろう。

マリンタワーへは、まだ道半ばの福島県相馬市。
そういえば昼飯を食ってなかったと、その看板から少し先の道の駅で青のりラーメンとほっき飯を喰って、さて南に向かうかと思いつつ、気づけば携帯で「相馬 百尺観音」と検索…。
だって「百尺」の「観音」ですよ。
これは、捨て置けません。

検索結果に、まんまと「珍寺大道場」さんがHIT。
その道では(どの道だ…)有名なこのサイトに出てるという事は…
コレは行ってみねば!と、Uターン。

三代に渡って、個人で掘り続けられてきた未完の観音像。
磨崖仏は大分の国東や三浦半島なんかで色々みたけど、ここまで彫り込んだものは珍しい。
未完で上半身だけという姿に、石川県小松市のハニベ巌窟院を思い出したりした。

なんにせよ、これはHDR向きな被写体だ!と、喜び勇んでK-7のHDR機能と5枚ブラケットを繰り返していたら、マリンタワーの最終入場時間には到底間に合わない時間に…。

まずは、
1.露出補正無しで、普通にjpeg撮りした画像
c0180505_3531746.jpg

2.K-7のHDR合成…「普通」設定で撮影〜合成した画像
c0180505_3543713.jpg

3.K-7のHDR合成…「誇張」設定で撮影〜合成した画像
c0180505_355766.jpg

4.2.0EV幅で5枚ブラケット撮影〜photomatixで程々にHDR合成した画像
c0180505_442171.jpg

5.「誇張」で合成した3の画像にK-7のデジタルフィルター「HDR:弱」をかけた画像
c0180505_358667.jpg

6.「誇張」で合成した3の画像にK-7のデジタルフィルター「HDR:中」をかけた画像
c0180505_411937.jpg

7.「誇張」で合成した3の画像にK-7のデジタルフィルター「HDR:強」をかけた画像
c0180505_422196.jpg

こうやって比べてみると、やっぱりK-7のHDR合成は、明暗の飛びと潰れを無くすという、基本に忠実な仕事をしてくれている。
さらにHDRフィルターも、大きくのイズがのる事も無く、カメラ内でこれだけ出来れば、おまけ的機能としては上出来だ。
他のフィルターとも掛け合わせられるし、PCでの処理が苦手な人も、気軽に使えて楽しい機能だと思う。

ちなみに、一番上の画像は、5枚ブラケット〜photomatixで合成した4の画像にTopaz Adjustやphotoshopの各種機能でレタッチした画像。
カメラ内である程度仕上げて、最後にPCで仕上げというのも、結構使えるかもしれない。
[PR]

by hiro_sj30 | 2009-06-29 08:57 | カメラ  

月夜の横浜港大さん橋とMM21×HDR

出張ついでに川崎のコンビナートを撮影しにいったので、さらについでに大さん橋へ。
観覧車も消灯して、大さん橋のデッキには、いつもはたくさんいるカップルも少なく、車でやってきたと思われる首都圏近郊のヤンキーが騒がしくはしゃぎまわっていた。

三脚立てて写真を撮っていると、上下ともユルユルのスウェットを着込んだ兄ちゃんが「写真撮ってもらえないっすか?」とやってきたので、カメラを受け取ると、携帯だった。

う~ん。これは結構難易度の高い依頼…。
いっそのこと、俺のカメラで撮って、グリグリといじったHDR写真を送ってあげようかと思ったが、諸々面倒くさいので、携帯を構えてみるも…。
最近の携帯は夜景モードとかあるけど、あれはあれで結構ぶれる。
そもそも人の携帯だしよくわからんので、「ちょっと待ってよ。」と言い、三脚を利用してなるべく携帯を固定した状態で撮影。
結果、「おおっ、すっげ~綺麗に後ろが写ってる!」と喜んでくれた。

大さん橋は、そこからの夜景の眺めも素晴らしいが、大さん橋のデッキ自体がとても良い。
緩やかで不規則な起伏が連なっていて、ぶらぶら歩いたり、ぼけ~っと座っているだけでも心地よい。
横浜に住んでいた頃は(横浜とはいえ、ほぼ町田の辺りだけど)、よく用も無いのに来ていた。

そんなデッキの起伏とMM21の夜景&お月様。
ブラケット3枚撮影~HDR。
c0180505_2211525.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-16 22:11 | 風景 写真  

仏像×HDR

上野の桜を見に行ったのに、結局クジラやデゴイチを撮ったり、「国宝 阿修羅展」を見たりで、上野駅から仙台へ帰ることに。

興福寺の阿修羅像は、今まで何度か見てきたが、360度ぐるり生で見れるというのに惹かれ、40分待って東京国立博物館内に。
阿修羅像はもちろん、八部衆像等も、前から横から後ろから、間近でじっくり見る事ができた。
それぞれ、微妙な感情の機微まで表したような、表情が豊かな像ばかりで、すっかり見入ってしまった。
これは、三脚を立ててじっくり撮影してみたい!という衝動に駆られるも、もちろん無理。
ブラケットで5枚撮りで、じっくりHDRIにしてみたら、いいだろうなあ…。

という事で、常設展の方は撮影可のモノも多いので、人のいない展示でいくつか撮影してみた。
とはいえ、三脚立てるなんて事はできないので、もちろん手持ち。
しかし、館内はかなり暗い。
感度をiso1000~1600まで上げ、SS1/5~1/15程度でブラケット3枚。

1枚1枚はギリギリぶれないが、さすがにズレが大きいし、合成後のノイズも酷い…。
3脚で、しっかり5枚撮ると、よさそうなんだけどなあ。
c0180505_1255764.jpg

c0180505_1265088.jpg
c0180505_1282099.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-16 01:29 | スナップ 写真  

神田の名居酒屋 みますや

仕事の関係で、一週間の東京住まい。
そんなわけで、6年落ちのミニノートにはphotoshopもphotomatixも積んでいないので、写真は撮って出しのjpegを縮小専用でリサイズのみ。
感度は1000~1600の手持ち撮影。
気ままなスナップは、やっぱり楽しい!

御徒町で泊まっているので、アキバのヨドバシに行ったついでに、久しぶりに神田の名居酒屋、「みますや」に飲みに行った。
創業明治三十八年。居酒屋好きにはお馴染みの太田和彦氏も”東京の居酒屋は「みますや」にはじまり、「みますや」に終わる。”と評している。
c0180505_1385989.jpg

実際、丁寧な仕事をした美味しい酒の肴がリーズナブルな値段で沢山そろっていて、日本酒も、この手の下町の古い居酒屋としては、全国のつぼを押さえた銘酒を揃えている。
普段は蒸留酒ばかりで醸造酒はあまり飲まないが、ここでは、冷で燗でと、ついつい日本酒がすすんでしまう。
c0180505_1443776.jpg

そして、ここの馬刺しが美味い。
最近は銀座あたりに馬肉専門のお店なんかもできてきたが、ここの馬刺し=さくらさしは、もちろんルイベのような冷凍モノではなくて、生肉のしなやかな柔らかさと、馬肉の甘さがいい感じで、もうタマラン!
先日の旅した八戸で、しっかりと五戸産の美味しい馬刺しを食べてきたばかりだというのに…。
c0180505_1542770.jpg

お店の詳しい情報は…、ググッてみてください。

満足してぶらぶら歩いて帰っていると、近くの居酒屋の看板娘(息子?)と目が合った。
c0180505_1591674.jpg

近寄っても逃げないところを見ると、やはり餌付けをされているらしい。
しかし、猫ってやっぱりフォトジェニックだなあ。
c0180505_261321.jpg

[PR]

by hiro_sj30 | 2009-04-02 02:11 | 飲み・食い  

水島コンビナートの夕景・夜景(2)

前の、鷲羽山スカイラインからの眺めはカップルにもオススメだけど、
シュゴ~、プシュ~なんて音を間近に聞きながら巨大なプラントを見上げるのも、コンビナート鑑賞の醍醐味です。
ただ、人気も無く、工業地帯に共通する治安の悪さもあり、女の子一人でウロウロしたり、カップルで愛を語らうにはオススメできません。
最近はテロへの警戒などもあり、巡回の警備員に追い払われたりする事も…。

そんな中、落ち着いて鑑賞・撮影が出来るのが、川や運河、港の対岸。
水面に映った煙突のフレアスタックやプラントの明かりもいい感じです。
c0180505_23171556.jpg
c0180505_23173253.jpg

c0180505_23165072.jpg

c0180505_9194869.jpg

c0180505_9201633.jpg

ちなみに、真上の写真の左端から繋がる赤色の点線と赤白の直線は、水島港に入りゆく貨物船の明かりです。
10秒超の長時間露光のため、船体は消えて、明かりだけが写っています。
[PR]

by hiro_sj30 | 2008-12-03 23:20 | 工場・コンビナート 写真